学級通信で書くべきこととは何だろう? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

学級通信で書くべきこととは何だろう?

みなさん、こんにちは。tetraです。


学級通信に何を書いていますか?
正直、この学級通信は何が正解かわからないし、効果がどれだけあるのかも不明です。

何割の生徒が学級通信を保護者に渡しているでしょうか。
配った先から床に落ちている、机の中にぐちゃぐちゃ~と入れてしまっている光景もありますよね。

の割に、負担が大きくて個人的には嫌な仕事です。


それにプラスして、発行することで発生するクレームが潜在的にあります。
「教師がこういうことを書いた」「この書き方は問題があるのではないか」「この写真はどうか」「うちの子が載ってない」とか。

まあ、実際に自分が受けたことはありませんが、こうした潜在的なリスクを抱えながら、効果が見えないもの発行する意味は正直感じません。
でも、学年主任や管理職は発行しろというわけですよね。



そんなこんなで、ぼくが行き着いた先は、生徒の写真ばかりをのせることです。
製版機を通しての印刷なので、かなり画質は粗いのですが、生徒は配った時に熱心に見てくれますし、笑いや歓声が起きたりもして「やってよかったな」と感じるからです。

こうすると写真を撮ることに対して生徒に警戒心や不信感を持たれなくなり、学級の記録が残ります。
年度末の最後の学活で、写真を寄せ集めてムービーにすることも可能になります。


写真は紙面を取りますし、ちょっとした解説を入れるだけで、文章を書く必要もなくなります。

ので、自分的には効率的で良い循環を生み出すようになっていると思います。





ただ、この方法に関しては、学年主任やメンバー、管理職によっては歓迎されません。

1.文章をしっかり書け(教師の語りが大事だ)
2.写真で載ってない生徒がいて不平等だ
3.写真とかは教員によって得手、不得手があるから卑怯である


とまあ、やることに難癖をつけられることがあります。

1については。

そもそも文章を書きたくないし、保護者は文章だらけの通信が読みたいのでしょうか?
スルーされて終わりのような気がしますよ。

それにこういうことを言うタイプに限って「通信を適当な頻度で出しなさい!」と要求してくるのです。
そして、出そうとすると難癖をつける質の悪さがあるので、

「だったら自分で書いてください」と言い返してやろうと思いますが、ぼくは言われたことはありません。
そうやって言われているのを、けっこう聞いたことはありますが。





2については。

ぶっちゃけ、こういう教員がいると何でも「平等」と主張するので、学年がギクシャクする元です。
それなりにこちらも気を使って写真を選んでますが、主張が強い子と弱い子がいるから仕方ないかなと。

そうした人には「先生、誰が写っていないか教えて下さい。そうしたら写真を撮ってきますから。仕事は分担しましょう」とでも、言うんですが、これまた出番はありません。


3については

「文章を書くのが苦手な人もいます。なら、文章を書くのも禁止にしてはどうですか?」といえばいいような気がしますが。
まあ、言われたことがありません。


という感じで、周囲で言われている人はいるんですが、ぼくはまだ言われていませんので、幸せものなのかもしれませんね。





学級通信は自分のスタイルで楽しくやれるのが一番だなと思ってます。
そして、自分のスタイルを貫いていると、強烈なクレームがない限り、周囲も放置してしてくれます。

学級通信っていいことを書いても、しょうがないと思うんですよね。保護者が変わるわけもないですし。
それなら、学校で生徒のことをしっかりと見て、成長してあげるほうが効果は100倍以上も違うと思います。


学級通信でぼくが伝えているのは、学級の様子。そして、そのことで、家で少しでも学校の話題が弾めばいいなと思って。
緩い考えかもしれませんが、通信はそれが限界というか、そういう役割だと考えています。

みなさんはどう考えますか? 実践している方法があれば、下記から投稿してもらえると嬉しいです。