学級経営の参考になる1冊~メンタリストDaiGoの学級経営が5分で変わる心理学 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

学級経営の参考になる1冊~メンタリストDaiGoの学級経営が5分で変わる心理学

読書はしていますか?

「忙しい」を言い訳にすると現状だけで手一杯になり、成長する機会がどんどん失われていきます。
その結果、教師歴だけが多いだけで実力がない、、、ということになります。

「何を読んだらいいのか・・・?」という人もいると思うので、最近読んだ本を紹介しておきます。

そう、メンタリストDaiGoさんが学級経営にメンタリズムを持ち込んだのです。
教育本を出している文溪堂からの出版であり、そもそも教育誌に連載したものを書籍化したようです。

話はそれますが、DaiGoさんはかなり書籍を出していますね。
日本で唯一のメンタリストである強みを活かして、「他の分野でメンタリズムを活かす」という形でどんどん本にしてます。
うまいやりかたですね。

とはいえ、DaiGoさんが勉強熱心な方がであるのが基盤になっており、中身も誠実なものです。



さて、本の話に戻ると。
中身は小学校教師を対象にしたもので、中学校教師にはピンと来ないものが多いのが実情です。
ですが、DaiGoさんのメンタリズムの根本は、心理学にあります。

心理学の研究成果を元に論を展開されているので、納得できます。

例えば、距離感が人間関係を見ぬくであると

実際の距離感から人間関係を見抜く
 0~15cm 身体接触を許容。親しい。 → 親子、夫婦
 15~45cm 手で触れられる距離 → 仲間、親友
 45~75cm 相手を捕まえられる距離 → 友人
 75~120cm 両者が手を伸ばせば指先がふれあう距離 → 知人
 120~200cm 知らない人同士の会話、商談 → 初対面、仕事
※ 仲がいいと相手の方に重心や足が向く


という感じで見とることができます。
多くのヒントが語られているので、新しい視点を得ることができますよ


だって学校で心理学的な話をする人って皆無でしょう?
これが本の魅力ですね。


ただ、、、まあ、、、指摘するとすれば、、、DaiGoさん自身が学級経営をしたことがないので、正直なところ「そんなんじゃ通用しないよな・・・」とか「具体性にかける・・・」とか「1年間通じて行うにはどうしたらいい?」といった部分は足りませんね。
でも、ヒントになる1冊です。

ぼくら教師にとっては、心理学は大きな強みなります!