225話の指導ケース~初対面で挑発された時の指導 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

225話の指導ケース~初対面で挑発された時の指導

第225話 入学式の流れを説明するの状況を島田が担任だったら・・・という話
本編と比較してみよう


1学年の教員が1年生の教室の階に上がると、ろうかでかなりの数の1年生がうろうろしていた。
互いの教室を見たり、出て入ったり、友達としゃべったりとかなり活気づいている。
そもそも、自分の席について待つようにと指示が出ているのにも関わらず。

島田は「さあ、始めるよ」大きな声で呼びかけた。
生徒たちが教室へ移動し始めた。



ろう下に残ったのは、石神、黒井、近場、村上と6名の生徒たち。
(この子たちが、小学校時代に学級崩壊させたメンバーか。なんにしても、毎年多いよな・・・。小学校はどうしてこんなに崩壊させるんかのう)
有田はそう思わずにはいられなかった。


しかし、10人は動かなかった。無視しているようだ。
無視といえば、秦もそんな生徒の様子はおかまいなしに2組の教室に入った。
(え、、、普通声かけるじゃろ)と有田。


「どうした? 緊張でもしてる??」と島田が声をかける。
『アホか、緊張するか』と石神が応え、島田を睨む。
「そっか、ならよかった。じゃあ、教室へ入ろう」と石神に応えつつ、周り生徒を促す。

取り巻き達が教室に入るのを見て、石神も「しょうがないのう」と言いつつ教室へ入っていく。
島田は1組の教室に入り、生徒たちを見回した。
石神や村上は相変わらず、ニヤニヤしている。



島田は入学式の説明を始める。途中から飽きたのか、石神は机の上に足をのっける。
その瞬間に
「石神くん、そこは足置きじゃないよ」と島田は注意をした。
『お前、さっさきからいちいちうっさいのう』と石神が睨みながら言う。

「まあ、本当は最初からいちいち言いたくないんだけどね。でも、だめなことはだめだからね。悪いけど、注意するよ。おろしてあげようか?」と島田が近づいていくと、
『ええわい、ええわい』と慌てて石神が足を下ろす。


小規模校なので、入学式でも呼名がある。
順番に呼んでいくと石神は『ふあぁい』と返事をする
「石神くん、面白いね。でもね、本番でやったら、先生も同級生も、先輩も保護者もみんなから笑われるよ。それよりも、さっきような声で返事をするほうがかっこいいし、周りも「おおーーー」ってなるよ。もう1回やってみようか」

『は、やらんでいいし。やらんぞ』と応えるものの、島田から「石神くん」と呼名されると『はい』と返事をしてしまうのだった。
「いいじゃん。今のよかったね! もう少し大きな声が出るとさらにかっこいいな」

その後の呼名練習は自然と声が大きくなり、村上はふざけることはなかった。
石神は私語もなくおとなしかったが一度だけ、村上の方に合図を送り、その拍子に村上はにやけた。

島田は話をストップし、ジッと村上を見た。
生徒の注意も村上に集まる。
「ぼくの説明、そんなに面白かった? 真面目の話の時に、ニヤッと笑ったらおかしな人だと思われるよ」

教室に少しだけ笑いがおき、空気が軽くなったような気がした。
入学式早々、自分の存在感を示そうとしていた石神と村上であったが、うまくいかなかった。


※ 指導のポイント


(1)相手の意図を読み取って対応

人間関係もない初対面の段階で、挑発的な態度を取る生徒は、自分の力を見せつけようとしているだけ。
それを見逃せば、生徒に「自分のほうが上である」と認識させるようなもの。
だからといっても、最初から言い合いになるのは避けたい。

ので、注意は理由付けをしながら正当ものにするが、相手と真正面からぶつからないような言い方にする、矛先をずらす、といったコミュニケーションが必要になる。
そもそも生徒も反発したいわけじゃない。

先生に認められたいのが心の底であり、その表れが挑発である。
そうした非行的な認められではなく、健全的な認められを促す意味でも、こちらが主導して積極的に認めてあげるようにしていく。
そうすると、生徒は反発したり、挑発したりする必要がなくなる。


(2)周りを落としていく

問題行動がある生徒の中にも力関係がある。
この場合、石神がメインであり、村上がサブである。
これが上下関係ではないが、本人たちからすると「石神がいるから悪ふざけができる」という理由付けにもなっている。
逆に言えば、村上だけでは悪さには出にくいということでもある。

であるので、何かを促す場面では、メインではなく周囲の人間に働きかけて落としていくといい。
石神に声をかけると反発するから、周りも調子づく。
それを村上に声をかけると反発しづらいので、こちらの意図に動きやすい。

そうやって周りが動き始めると、石神が少数派になってしまい、多数派への同調が生まれやすくなる。
その結果として、石神には注意をしなくても、自発的に動かすことができるようになる。
いつでもメインは注意ばかりを受けるので、時には注意しないようにするのも必要なこと。