何が問題かを理解していないことが問題 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

何が問題かを理解していないことが問題

以前の職場の同年代の人と飲みに行ってきました。
そこで聞いた話は驚くことばかりで、、、内心、相手口が塞がりませんでした。
というのも、

何が問題かを理解していないからです



例えば、生徒が英作文をした時に、「動詞は過去形だよ」と言った時に生徒が「え、過去形ってなんだっけ?」と言われたらどうしますか。
生徒はいいと思って英作文するのだけど、知識がないからできないわけです。
教師も同じようなことを起こします。特にそれが生徒指導でよく起きます。


・ある生徒が他の生徒に嫌がらせをしているのに気づかない
・「死ねや」などといった発言をスルーする
・仲間はずれを見て見ぬふりする


などと、教師が気づけない、発見できないだけで、いじめは起こるんですよ


元同僚の話を聞いていると、「えっ、それって生徒指導じゃないじゃん。」「そこで指導しないと」ということだらけです。
その当時から元同僚たちは学級経営があまりうまくいっておらず、そこから成長してないようでした。
話を聞けばわかりますよね。。。





なんというか、


一生懸命、ざるで水をすくっているような感じ?

いや、違うな、


適当にざるで水をすくっているだけ


と言った方があいますね。
ざるで水がすくえないのは当然ですが、すくおうとする意識もほとんどないんですよね。
それで一人前の教師ヅラをして、「悪いのは生徒や世の中」みたいな論調なんです。


ダメ出ししても仕方がないので放っておきましたが、こうやって年だけ取っていくとますます、学校現場が苦しくなっていくんでしょうね。
どこかで大きな問題が起きて困るまできっとそれは変わらないはずです。


ちなみに、「もっと上手く指導したい」「もっといい学級にしたい」と思えば、問題がみえてくるようになります