毎日が楽しい中学校教師生活を送るために、必要な5つの心構え | t-labo(中学校教師の支援サイト)

毎日が楽しい中学校教師生活を送るために、必要な5つの心構え

中学校教師は楽しいですか?

ぼくは基本的に毎日が楽しいです。
とはいえ、生徒指導に追われることもあるし、面倒なこと、嫌なことをしなければいけないこともあります。
総じて言えば、毎日楽しい、充実しているといえますが、「ストレスが多い」と感じることもあります。


もしも、あなたが教師生活を楽しいと思えなかったら、その辛さ・ストレスはとてつもなく大きく、ずっと続けていくには大きな枷になっているはずです。
今回は、楽しく毎日を贈るための心構えを紹介したいと思います。



1.何でも楽しもうと意識し続ける


日々のルーティンの中で、面倒なことはたくさんあります。
朝読書、朝のSHR、給食、掃除、帰りのSHRあげれば数限りなくあります。

これらの活動を「楽しもう」と意識してみてください。
そうすれば、新しい道が見えてきます。

仮に生徒が落ち着かないクラスの担任であったとしたら、

まず考えるのは「とにかく静かにさせないといけない!」ということ。でないと、隣のクラスの担任や学年主任から注意を受けてしまう。
自然と心は鬼モードになり、「静かにせいや!!」と怒鳴ってしまうかもしれません。怒りが顔に出ているかもしれません。


もしも、「楽しもう」「面白いことを見つけよう」と考えたならば、生徒のちょっとした発言を取り上げてみる余裕が出ます。
「それって面白いね」「もう1回やってみてよ」「あ、それ知ってる!」とか。
生徒の基本は、私語すれば怒られるであり、そこを怒らずに面白がってもらえると生徒も嬉しくなります。

そうやって生徒の発言を取り上げて共有していくことで、生徒が教師の発言に注目するようになったり、人間関係が深まり言うことを聞いてくれるようになってきます。
不思議なんですけどね。

でも効果があります。楽しいこと探しをして、やってみましょう。


2.不満や愚痴を言わない


仕事をする教師がいる一方で、仕事をしない教師がいます。
仕事が多い教師と仕事が少ない教師もいるし、給料体系は同じで、ただ年齢だけで決まるというなんとも、言えない仕組みです。
ですので、「給料たくさんもらっている方がもっとがんばれよ」って思ってしまいますが、

これって生産性がありませんよね?


ここなんですよ。
現状として、たしかに不満があるし、腹が立つし。
でも、それを口にしても解決できないわけですよ。

仕事の分担は年度初めにほぼ決まってしまいますから、その時に1年間の覚悟をしなければいけないんです。今更、言っても仕方がない。
だったら、口にするのも、考えるのもやめましょう。

不満を口にすれば、どんどん強化されていって、自分の精神が蝕まれていきます。
生産性は下がり、ストレスも溜まる一方。
いいことはないのです。

むしろ、自分の仕事をコントロールすることに磨きをかけていきましょう。


3.自分の人生で必要な時間だと考える


もしも、あなたの現状が辛いとします。
10年後を考えてみてください。10年後の自分は今の状況をなんだと振り返るでしょうか。


きっと「ああいうこともあったよな」と軽く笑ってしまうんじゃないでしょうか。
「あれは自分にとって必要なことだったんだよ」って言えるんじゃないでしょうか。

そう、今は辛い。でも、それは自分が成長していく上で、豊かな人生を歩んでいく過程で必要なことだと自覚をすることです。
ある意味で使命感を持ってやってみることです。
考える軸を変えることで、現在の捉えを変えることが出来ますよ。


4.辛かったら休んでもいいと考える


あなたは年休をどのくらい使っていますか?
ほとんど使えていないのが現状ではないでしょうか。ぼくもそうです。

教師って本当にみんなまじめで、「年休を使ったらいけない」って自然に思っています。
でも、実際に辛くなったら年休使って休んでもいいわけですよ。

大学生のアルバイト時代に、店長が言っていた言葉を思い出します。
「アルバイトがやめるときに、後のことを心配してはいけない。仮にやめても、上手く回るようになっている」と。

そう、あなたが仮に学校を休んだとしても、ちゃんと回るんです。なんとかなるんです。
逃げようと思えば逃げられるんです。

こうやって考えておくと楽になります。
やる気の怒らない時に、放課後に年休を使ってもいいんですよ。自由です。
大事なのは自分で、犠牲にしてはいけません。


5.適当でいいじゃんと考える


教師の仕事はいくらやっても終わりがないと言われます。
だからこそ、適当なところで切り上げる勇気を持ちましょう。

100%の完成度じゃなくてもいい、80%でいいじゃんってぼくは考えて仕事をしています。
すべてのことに完ぺきを求めると、時間的にも精神的に苦しくなってしまいます。
ちなみに80%と100%に大きな違いがあるかといえば、ケースバイケースですが、違いがない部分は多いです。

残りの20%を埋めようと努力して時間を削るよりも、他の仕事をこなしてさっさと帰るほうが、精神的、肉体的負担も少なくなり、結果的にいいパフォーマンスを生みますよ

補足をしておくと、生徒と直接に関わる部分、特に指導関係では手抜きはダメです。
校務分掌の中でのこと、資料作りなどの部分では80%でも十分ではないでしょうか。これは見極めが大事です。あしからず。


まとめ


教師の仕事は毎日かなりの量があります。それをどういう気持ちでこなしていくのかはすごく大事です。
ぼくは一時期、不平不満を自分の中に溜め込んでいるときがありました。
その時の仕事は惨憺たるもので、すべてのことに「おかしい」と文句を心の中で言っていました。

その結果、残業は増え、身体的にも、精神的にも辛くなっていきました。
その呪縛から逃れるには時間がかかり、ずいぶんと疲弊してしまったことを、苦々しく覚えています。

教師だから、という妙な先入観を持ちすぎると苦しくなるんですよね。
ですので、いつも楽しみながら、やってみたいものです。参考になれば。