学級がうまくいかない時の2つの対処法 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

学級がうまくいかない時の2つの対処法

4月はクラスが変わった、入学したという緊張感があるので、学級というのは思った以上にうまくいきます。
それは神様が手助けしてくれているようなもの。

これが慣れてくると、実力が問われてきます。
5月、6月は一つの山場を迎えます。


自分の実力


厳しいことを言いますが、

うまくいかないのは自分の実力がないから

それ以外にはありません。

学級が年間を通してうまく回るのは、その先生に実力があるから。
ちょっと不満があるけど、なんとかなるのは、そのぐらいの実力があるから。
学級がどんどん悪化していき、問題が山積するのは、実力がないから。

このことを頭に入れておき、謙虚に励まないとうまくはいきません。

実力がなかったら身に付ける。

それだけのことなんですよ。
運がいいとか悪いとかじゃなくて。

そして、

恥ずかしいことじゃない。仕方がないことだから

みんなが通る道であり、ここで実力をつけなさいと言われてると思い、実力をつけたらいいんです。




うまくいかないときの2つの対処法


うまくいかなくなってきたら、辛いのですが、やるべきことをやるだけです。
ただね、思ってほしいのは、仕方がないってこと。

みんなが敵に思えるかもしれない、恥ずかしいと思うかもしれない。
でも、乗り越えるべき壁、つけるべき力があるのに気づかせてくれているんです。

できないことはない。


1.学年主任に相談する


相談する時に一番やってはいけないと思うのは、愚痴を言い合うこと。
これって何にも前進しませんから。

一番いいのは、自分のことを助けてくれ、実際に介入ができる人、つまり学年主任に相談すること

学年主任は学年の先生をフォローし、指導する立場にあり、学年の生徒の指導にも実際に動けます。
経験も積んでます。

「◯◯がうまくいかなくて困ってます。どのように対応したらいいのか、教えてください」

って、かわいく言ってみましょう。
助けてくれますし、手取り足取り教えてくれます。

というのも、

1つの学級が崩れるとよそにも波及するから

それに、助けてって言われたら助けちゃいますよ。
だから、普段から学年主任といいコミュニケーションを築いておきましょう。




2.生徒と心を開いて話をする


クラスがうまくいかないのは実力がないせいだと言いました。

その状態で、生徒を敵として何とかうまくやろうと孤軍奮闘してもだめ。

生徒と話し合って、方向性を付けないといけません。
生徒は子ども。
どこに向かっているかなんて、わかりません。

「今、学級が◯◯◯な状況で困っている。ぼくは△△△してほしいと思っているんだけど、どうやったらできるかな。」

正直に、今の状況が好ましくないことを生徒に言いましょう。
そして、どういう状況が好ましいのか。
その時には、どうして今の状況がだめなのか、ということを明確に。

教師が真剣に話をしている時には、生徒も話を聞いてくれるし、共感してくれます。

腹を割って話すことができたら、前進します。
生徒も学級がうまくいっていないこと自体ストレスですから。

そして、大事なのはこの後。

いいことがあったらほめよう。
「◯◯君が、△△△してくれて、うれしかった」


って。
あつかましくならずに、自分が感じたことを全体に伝えましょう。
素直に向き合えたら、生徒も素直になってくれます。




まとめ


学級がうまくいかない時の特効薬ってありません。

自分に何かが足りないのです。

それはテクニックかもしれません。
学年主任に鍛えてもらいましょう。

それは生徒との関係かもしれません。
生徒と心開いて、誠実に話しをしましょう。

今までのやり方を変化させないとうまくはいきませんので、やってみましょう。
そうしたら、案外うまく行くものですよ。