心を育てるために、まずはどういうことをしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

心を育てるために、まずはどういうことをしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、今、困っている先生方へ。まずは小さな芽を摘み取ることの大事さとその方法についての記事についての質問です。

心を育てるというお話がありました。 私は自分のクラスで心を育てるということが出来なかったように思います。人が困っているのに動かない、悪口を書く、話が聞けない、など、挙げればキリがないです。 まずどんなところから変えていけるでしょうか?


ということです。どんなことをやったらいいのかについて、「人が困っているのに動かない、悪口を書く、話が聞けない」と挙げられていることについて、具体的に書いてみたいと思います。



1.人が困っているのに動けない

ぶっちゃけて、書くと「そんなものです」し、「生徒に要求しすぎ」です。
生徒は困った人にそもそも気づけないです。

じゃあ、どうして教師が気づくのかというと、教師が観察者であるから。
生徒は試合をプレイしている選手のようなものですから、見えていません。
教師は見えるからこそ、「困っているのになんで助けないだ!!」というわけですが、生徒はそもそも事態を把握していない可能性があります。

また、心の育っていない生徒は助ける文化なんてありませんから、仕方ないんです。
だから、「こういう時には、こうするんだよ」気長に教えていきます。
でも、できなくても怒ったらだめです。生徒はもともとできないんです。


そういう状況なのに教師がカッカしていると生徒は「あいつ、何偉そうにしてるんや!?」って信用を失うようになります。
ですので、クラスの状況で育ってきていないのに要求するのはやめたほうがいいと思います。



2.悪口を書く

これは黒板でしょうか。
もしも、黒板に誰かの悪口を書いているなら、きちんと指導する場面です。

まずは、犯人を探します。おそらく名乗り出てきませんので、アンケートをとります。そして、それでもわからなかったら、クラス全体に指導します。
という感じで、とにかく「やったらいけないこと」に対してきちんと指導をしていくわけです。

いけないのは悪口が書いてあっても「誰やこれやったやつ!」と言いながら、そのままスルーする教師です。「もうするなよ!」といっておしまい。
本人は「全体指導はした」という言い訳もできますから、面倒から逃げたいわけです。


そもそも、なぜ悪口を書いてはいけないのかをきちんと生徒に説明できないとだめなわけです。
シンプルにズバッと言えるかどうか。
「見たら傷つく」とか「陰湿だ」とか、「親が知ったら悲しむ」とか、いろいろありますので、考えてみてください。

また、こうした出来事を知っていながら放置している人間に対しても言わなければいけません。
「知っていても放置している生徒は、このことに賛成している・加担している」などと。
『書いてもいないのになぜそんなことを言われないといけないんや!』とたちの悪いのが言ってくるかもしれませんが、「みんなで教室を管理している責任があるから」などと言います。

とにかく、シンプルに話をして言い負けないことです。
だめなことはきっちり指導をする姿勢、これが大事です。




3.話が聞けない

色々な状況があります。話を聞かずに私語をしているのか、していないのか。
話を理解していないだけか。その人数の割合はどのくらいか。


まず、教師自身の話がとってもわかりにくい可能性があります。
シンプルに話しましょう。1文で勝負です。
そうしていないのに、「話が聞けない!!」っ怒るのは見当違いもいいところです。


次に、教師の話が面白くない可能性が高いです。
同じ内容を伝えるのに、生徒の年代に届く話し方や持って行き方について考えましょう。
そうでないと、眠いだけです。


そして、生徒の立場から物事を発言しているかどうか。
「生徒のため」といって教師の価値観を押し付けていないかどうかです。
生徒はこう感じているだろう、だから「言い難いけども・・・」など、話ができ、共感する教師に対して生徒も共感して話を聞いてくれるのです。


こうしたことをまず教師は理解して実践しているかが問題です。
この3点がないのに「話を聞け」と言ってもだめです。





話が聞けないことの理由は、おそらく1,2割いるADHD傾向の生徒の影響です。
この生徒たちが落ち着かないので、周囲も落ち着かない。

としたときに、そのADHD傾向の生徒に焦点を当てて指導したくなるのですが、指導しても無駄です。
本人にしてもどうしても話してしまうんだ!という困った状況なんです。
ですので、集中しやすい席・人員に変えることが必要です。

そして、周囲の生徒たちがそれに乗らないように指導していくのが大事なんです。
普通の感覚を持っている生徒が大半ですから、そうした指導は効果があります。
ので、1,2割の生徒ではなく大勢の生徒にまずは要求したり、指導したりしましょう。

そうして、クラスの雰囲気が出来上がってくると、残りの問題を起こしやすい生徒が学習していけます。




4.これからのこと

正直な話、今年度のここからの逆転は無理です。
9ヶ月間でできなかったものが急にできるわけがありません。
(夢のない話で申し訳ないです)


現実的には、とにかく生徒間のトラブルのみに注意を注ぐべきです。
悪口、嫌がらせ、いじめなど、が絶対に起こらない、起こっても絶対に先延ばしせずにすぐに指導すること。

ここでしょうね。


むしろ、ここの部分を徹底的に指導し続ければ、いい結果は生まれます。
というのも、「何かあったら、先生が助けてくれる」という安心感が生まれるからです。
ここがない限り、担任のことを頼りにしませんから、いいクラスには絶対になりません。

まずやるべきことは、生徒に頼りにされることなんです。

という感じで終えたいと思うのですが、具体的だったでしょうか・・・???
この場合はどう? など、ケースがあれば気軽に質問箱からお願いします。
みなさんがどういうことで困っているなど想定しづらいので、書いてもらえるとむしろ助かります。

(短文でもかまいません。「ものが学級でなくなった時の指導法を教えて下さい」という感じで)