生徒に暴言や嫌がらせを受けた時の対処について | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒に暴言や嫌がらせを受けた時の対処について

みなさん、こんにちは。tetraです。

中学校教師をやっていると、生徒から暴言や嫌がらせを受ける時があります。
そういう時にはどのように対処しているでしょうか。

困っている方も多いと思います。
基本的には生徒も教師も同じで、「泣き寝入りしていたらだめ」ということ。



生徒は失礼でいい加減でわがままで、ひどいことをやってきます。
まさに、子どもだから許されているわけですね。
そうして、教師が被害にあった時に、生徒は当たり前のようにやってくるわけです。

基本的には、まともな精神的状態ではない、まともな判断ができない、そんな状態にあると考えてみるといいです。
(このまともというのは数日で改善されることではなく、数年かかる、つまり精神年齢と密接な関係があるもの)

もしも、生徒に『お前、うざいんじゃ。死ねや』と言われた時。

「なんで、そんなことを言われないといけないのか。君に何かしたか?
人に対して言っていいことと言ってはいけないことがある。
それを教師になら言っていいのか?」

と、生徒に対して、許されない発言であることを指導します。

「いくら相手のことが気に入らなくても、絶対に言ったらいけない。次聞いたら、許せない」

もう言うなと警告もします。





生徒が教師に対して暴言を言う時には、いろいろなケースがあると思います。
指導の形はケースバイケースです。

ただ、もしも、生徒に言われた時に「絶対に許せない」と態度と言葉で表す必要があります。
ぼくの場合は、「それ以上やるなら、こっちも本気でやるよ?」という合図であります。
生徒指導がある程度できる、生徒からある程度の信頼がある場合には、こうした警告で相手は引きますし、そう簡単には言ってこなくなります。


みなさんが知りたいと思っているのは、生徒指導の能力が低い場合の時ですよね。
生徒からなめられて、暴言を吐かれている時。
同じ内容を言ったとしても、生徒の受け取りは違うでしょう。

ただ、暴言に対して「それは許せない」ということは絶対に必要です。
それでも、生徒が言ってくるなら、残して本格的に指導するんです。

うまくいくとか、いかないとかではなくて、「その発言は教師でも傷つく。言ってはいけない」と放課後に繰り返し、根気強く生徒に言い続けて、生徒が折れるの待つんです。
正義が負けてはいけないんです。





で、きっと、うまくいかない人の場合には、生徒からの不満が必ずあります。
「授業がわからない」「ひいきしている」「言い方がムカつく」「言っていることとやっていることが違う」など。

生徒が教師に不満を持つことは仕方ないし、否定をしてはいけません。
でも、教師に暴言を言ってはいけないのです。
ここの部分は切り分けましょう。

ですので、「暴言を吐いたらいけない。でも、言いたいことがあるなら、きちんと丁寧に言いなさい」とね。
暴言には必ず理由があるわけですから、この部分を理解したり、察したりできるようになり、自分の言動に反映されるようになると、自然と暴言は聞こえてこなくなります。



とにかく、うまくいくとか、バシッと決まるとか、変な完璧主義に陥らずに、できることを粘り強くやるだけなんですよ。
生徒指導が難しいとかではなくて、やるかやらないかの差です。