教員同士の人間関係がどうしても気になってしまいます。 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

教員同士の人間関係がどうしても気になってしまいます。

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は同僚教師との人間関係についてです。

tetraさん、こんにちは。いつもブログ楽しみにみています。

前に書かれていたブログで「仕事できないと仕事は減っていく 」というのが気になりました。私はいつも分掌が何となく少ないと感じています。また、他の先生方のサポートもいい加減です。
私が他の先生をサポートするときにはもっと積極的に動く分、なんだか悲しくなります。一体どうやって付き合っていけば良いのでしょう?


なるほど・・・生徒都の関係悪化もきついですが、職員室での人間関係の悪化、というか、ぎくしゃくした関係も辛いですね。



1.仕事が少ないと感じたら

ぶっちゃけていうなら、仕事が少ないのは当てにされていない、ということです。
仕事が遅い、仕事のクオリティが低い、と言ったものがあり、「それなら自分がやったほうが早い」とか、「尻拭いをするほうが余計に手間」かと考えられているのかもしれません。

もしくは、女性の場合は、仕事が暗黙のうちに手加減されていることも多いです。
これは「仕事何でもやります!」というガツガツしたタイプではなく、おしとやかな人の場合です。
中学校現場は、男社会の色が強いですから、こうした女性への接し方が難しく、仕事を振りづらいのがあります。


質問者さんは、女性の方でしょうか?
女性で担任、ということであれば、ありうる話です。

ただ、、、まあ、仕事が少ないということは、早く帰れるわけですから、そのほうが幸せな気がしますし、ぼくなら喜んで仕事を減らしてもらいたいです。
自分から「仕事が多いから減らしてくれ!」と頼んだわけではなければ、放置でもいいんじゃないでしょうか。

ガツガツ仕事をしてもねえ・・・とぼくは本音の部分で思っています。



2.思い込みの場合も

いただいた文面からでは、勘違いの線もあるかなとも思います。
が、実際に働いている方が思われるので、何かあるのかもしれません。
部署の雰囲気が悪いなどは、他の人にも原因があるとも思いますし、一概に質問者さんだけの問題ではないのかもしれません。

以前の職場では、複数の教員のおかげで、職員室の雰囲気は最悪でした。
雰囲気が悪化するときには、明確な原因があって

・仕事をしない
・ルールや約束を守らない
・同僚を大切にしない、悪口を言う
・授業や学級が崩壊しても、何も反省しない、対処しない
・自慢話、自分の話ばかりしている
・嫉妬されている


といったものがあると思います。
こうしたことがない限り、教師が同僚の教師を嫌ったり、嫌がらせをしたりしないと思います。

ので、心当たりを考えてみましょう。
もしもないようであれば、案外、「あのときはたまたまだった」ということが往々にしてあると思います。




3.周りの人を大事にしましょう

ありきたりなことを書いてしまいますが、周りの人を大事にする人は嫌われません。
ので、何気ない会話を大事にして、相手の話をしっかりと聞き、相手のことを積極的にほめましょう。
そうすると、思った以上に関係が改善されていきます。

人間関係について考えようというカテゴリ記事もあります。




4.自分的には

周囲との人間関係については、3年目くらいまでは辛いと感じていました。
あと、面倒だとも。
周りは意味不明なことでやいやい言ってきたりもありましたしね。

こうしたノイズの原因はどこにあるかといえば、周囲の嫉妬でした。
ぼく自身、どうして気になり、引け目を感じていたかと言えば、仕事への自信のなさです。

こうしたものが影響して、職員室では結構気を使いましたし、「教師って面倒・・・」って常に感じていました。
でも、その正体がはっきりと見え、自分に自信が持てたときには、そんなに気にならなくなりました。

ですから、そこから自分らしくあること、他人にはこびない、でも大事にするスタンスでやっていっています。
人間同士ですから、合う・合わないもありますが、仕事だけで限定すると、「まあ、やるか」と思えます。
相手にされないのだったら、「まあ、いっか。余計な手間が減るわ」と考えればいいし、「やることやったら、さっさと帰ろう」となります。

仕事が人生ではないので、職場に拘束されていることにそれほど大きな価値はありません。
あるのは、自己満足だけ。
他に生きがいがあるなら、そちらを充実させればいいだけです。




仕事が少ないなんて好都合。そのまま「私、仕事できないんです・・・」という顔をして、仕事を少なくキープすればいいんです。
必要以上に引け目を感じなくていいし、たまたまそういうことだったかなと思えばいいわけです。

教師経験を積んで力をつけないと、晴れないモヤモヤもあります。
きちんとやっていれば、見ている人は見ていますし、評価もされます。
そういうものかれしれません。


あとは、そういう学校なのだと、そういう職員集団なのだ、と悟るしかないかもしれません。
ので、次年度は分掌を変える、学年を変えるなどの選択肢もあります。

いただいた情報からは判断しかねる部分も多いなと思います。
また何かあれば、お便りいただけたら思います。
仕事が少ないのは幸せなことですよ