校内人事のやり方が気に入りません。どう考えたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

校内人事のやり方が気に入りません。どう考えたらいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

毎朝ブログ記事更新とても楽しみにしています。「校内人事」についてです。
私たち下っ端の人間はまるで将棋の駒のように雑にあてはめられるような人事です。例えば「コイツにはまかせられん」とか。そして自分たちの都合で「何もしていないんだからこの仕事ぐらいやって」とか。
上に立つ人間がこのような考え方では人は動かないと思います。 これは理想論なのでしょうか?


みんなが気になる人事のことですね。
いろいろと思うところはありますね。



1.所詮はコマ

言い方悪いですけども、ぼくらヒラの教員なんて所詮はコマです。
それ以上でも、それ以下でもない。

校長としたら、役職をきちんと埋め、担任をはめられたらある意味ではオッケーであって、「あとはお前ら頑張れよ!」でいいわけですから。
コマとして変なプライドを持ちすぎると、感情的になり仕事に支障をきたします。

校長が考える人事配置は、ある程度の実力を反映&好みが入ったもので、それなりに妥当です。
でも、自分の自己評価が高すぎる人は、「こんなのおかしい!」と憤ってしまうんです。

担任を任せられれば適当に評価されていると考えましょう。
むしろ、役なしの副担任であれば「役立たず」であると認識しましょう。

教員の世界は、教員を適切に評価をしたり、給与に差をつけたりしないので、自分の立ち位置が見えないことが大きな問題点。
ですので、校内人事のときに、それが露見されて反発するんです。
でも、「せめて担任ぐらいはできて欲しい」とか言われるのだとしたら、それはある意味妥当な他者評価として受け止める必要はあると思います。

逆に言えば、このタイミングで「学年主任をして欲しい」「主任を助ける立場でやってほしい」などと期待される人もいるわけですので。

何か言われるとしても、雑に配置されるとしても仕方ないでしょうし、もしも考えや希望があるなら校長に言うべきでしょう。
意向をまったく気にされないということは、自分自身が評価されていないってことです。

そもそも、全員の希望を聞いていたら無理です。
担任をやっているときも全員の希望なんて聞かないでしょう。
「こうするよ」と言ってしまえばおしまいで、教師自身「雑に」生徒に押し付けているわけですし、場合によっては、生徒によって意見の軽重を変えて対応しているはずです。

職員室でも同じことが起きているだけです。



2.となると・・・

発言権が欲しい、自分をもっと大事にしてもらいたいと考えるのであれば、校長を始めとする教員・学校に貢献をしていないといけません。
指導力不足教員にたまに見られるのは周囲に迷惑ばかりかけているのに「言うことだけは一人前」ってことです。

嫌でしょう?

校内人事で不満を漏らす人は同じことをしている可能性があります。
「お前、何か役に立ったのか?」なんて周囲に思われているわけですね。


校内人事は、教師の成績表とでも考えましょう。
大事にされる人は活躍した人、大事にされない人は活躍しなかった人(不平不満ばかり言った、協調性がないなど)。





3.以下でも以上でもない、というのは

なんだか、辛口というかドライな記事になっていますが。
コマであり、組織に属するということは、こういうことだと認識をするべきだとぼくは考えています。

コマであるなら、「どうするかは自分で決められる」わけなんですけどもね。
校長の期待をもらうために献身的に学校に尽くすのか、勤務時間だけがんばる最低限のことをやるのか、担任として一人前の仕事をするのか。

ある意味では自由だと思うんですよね。
最低限の仕事でいいやと思えば、「この仕事はやりたくない」と毎回言っていればいいし、放課後は誰とも話さずに黙々と仕事をしてさっさと帰ればいいし。

自分で決めたらいいわけです。

むしろ、こうした校内人事で気に入らないとか、自分が過小評価されているといったことに執着するよりは健全な気がします。
そして、若いうちは与えられることをやると言うものだと考える方がいいと思います。(こういう言い方を年上の教員が言うと反発されますけどもね)