全体指導をどうしたら良いですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

全体指導をどうしたら良いですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は

毎回ブログ記事の回答納得する部分も多く参考になります。ありがとうございます。
今回は「全体への指示」についてです。できるだけ簡潔にやることをひとつに絞る工夫を心がけています。

例えばこちらが話をする時には「机の上のものをなおしなさい」などの指示をします。このような時、行動が極端に遅いまたは聞いていない生徒がいます。全員ができてから次に進むようにしていますが、待っている生徒も待ちくたびれてだらけてしまうことも多いです。
「・・・君はやくしてよ」とまわりの生徒が声をかけられる雰囲気がない場合は、毎回のことなのでその生徒への対応もうんざりします。根気強く声かけする他ないのでしょうか?(便乗してそんな生徒が増えることもあります)


ということです。
全体指導って難しいですよね。



全体指導をする時に、姿勢を正せと言ってもしない生徒はいるし、号令の際に頭を下げない生徒もいます。
そうしたことを全員一律にするかどうかは本当に迷うところです。

逆に小テストなどをする時に「机の上のものをしまいなさい」といえば、全員がそれに従うでしょう。
当然、時間差はありますが。
こうしたものに関しては、明確なルールなり、罰則なりがあるから生徒も動くし、どんなに不良な生徒でも「テストの時にカンニングしてはいけない」ということくらいは頭にあるので、動きます。


こうしたことを考えていくと、その本人にとって「守るべきルールであるか」、もっといえば、「はみだしてしまわないか」ということが行動の基準になっているのではないかと思います。
ので、普段の授業の号令で頭を下げることがないけれど、外から講師やら社会人などの人が来るとみんなに合わせて礼をするわけですね。
授業中に教師の指示に従うときと従わないときも、本人なりの判断が入っています。



全員を一律に指示に従わせるかはケースバイケースかなと思います。
小テストの時には当然、片付けさせる。
ただ、普段の指示で問題ない部分に関しては、私語をして邪魔をしなかったら目を瞑ればいいのではないかなと思います。

言い換えるなら、何でも全員を一律に動かすのは現実的ではないと思います。
軍隊でもないですしね。

ただ、そうやって聞いていない、聞こうとしていないのに「何をやったらいいかわからん!」と言ってくるなら二度手間になるので指導します。
本人が困る経験をするようになれば、話を聞けるようになると思います。


全員を待つと、早くやっている生徒が待ちぼうけを食らって無駄な時間が増えてしまいますね。
これがぼくは嫌です。
ですので、待たないといけないときには「早くやって」と指示をします。

性格的な部分があって、教師が「こういうときにはこうする」というのを生徒は読み取ります。
だから、待つタイプか、催促するタイプか、生徒は見ています。

こうして欲しいことはきちんと伝え、できたらほめる。この繰り返しですね。