問題生徒に小言ばかり言って反発されています。どうしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

問題生徒に小言ばかり言って反発されています。どうしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

こんにちは。
私はまだ片手で足りる教員歴なのですが、今年は比較的落ち着いたクラスの担任(3年)を受け持つことになりました。ただし、割と落ち着いた生徒が多いかわりに、学年でもトップクラスの手のかかる生徒も入っており、この生徒への対応に困っています。
母子家庭で、放任主義の家庭に育ち、とにかく好き放題。母親も「学校なんてあてにしてませんから」と入学時点から敵対心むき出しで、「子どものことは子どもに任せてありますから」の一点張りです。本人は遅刻の常習者で、5限目登校・6限目登校は日常茶飯事。

生活態度についても小言を言うことが多くなってしまいまして、「あんたが言うみたいにしたら、本当に一生困ることがないと言い切れるんやな⁉︎」とケンカ腰でやってきます。すぐに楯突いてきてやりづらいです。
クラスの生徒らはその生徒のことを問題児認定していますが、慕っている子も多いです。どう接したらいいのかよくわかりません。何かヒントをいただけたら、と思います。


ということです。
「子どもに任せていますから」というのは、よく聞きますね。
任せている割には、親は子どもにガミガミ言ったりするんですよね。



>「あんたが言うみたいにしたら、本当に一生困ることがないと言い切れるんやな⁉︎」

とあるように、実際に教員の言うとおりにやってうまくいくわけないですよね。
教員が言う言葉の多くは、「教員が生徒を管理しやすくするためのきれいごと」だということを認識した方がいいと思います。
それをわかっていないにも関わらず、生徒に言うから反発されます。

教師の言葉は本当にいい加減。
いい加減でなくなった時に、生徒に説得力が出てきます。

今、その生徒にかけている言葉は、「本当にその生徒の価値観や人生観を理解し、人生に役立つもの」か、「管理のために言っている言葉」かどっちでしょうか。
ただの建前ではありませんか?
今、このときにその生徒に必要な言葉ですか?



遅れてきたからと言って「早く来い」「きちんと連絡しろ!」「いい大人になれないぞ!」というのは、意味がなさすぎます。
おそらく、今のままでは保護者との関係もできていないどころか、敵対されていると思います。


担任としては、いかに生徒と保護者が自分の味方に引き入れるかです。

そもそも、遅刻してどうして悪いのでしょうか?
だったら休んだほうが良かったのでしょうか?
わざわざ学校に来たのになぜ、担任ごときに説教を受けないといけないのでしょうか?


なぜ、担任はそんなに偉くて、生徒に威張るのでしょうか?なぜ小言を言えるのでしょうか?
その生徒が担任に何の迷惑をかけましたか?




単純に、遅刻 = 悪 と考えて、反射的に小言を言っているだけのような気がします。
遅刻する子には、遅刻する事情があると考えてあげてもいいわけですし、顔を出してくれるだけでいい、と考えてもいいわけです。
生徒のことを受け入れてあげないことには、反発を受けるのは必至でしょう。

もしも、あなたが校長に出会う度に「お前はもっと授業をうまくしろ!」と小言を言われたら嫌ではありませんか?
反発しませんか?
校長には何と声をかけて欲しいですか?





こうした部分を考えて、やっていかないとどんどんドツボにはまっていきます。
生徒だから好き勝手言っていいわけではありません。
自分が校長などに言われて理不尽だ、意味不明だ、なんで今そんなことを言われないといけないのかということを、生徒にやってはいけません。


という感じで、ご自身の発言内容をよく考えたほうがいいと思います。
それは誰に向けての言葉であるか。

ぼくが小言を書いてしまった感がありますが、初歩的で基本的な部分ですから、きちんと見直すことをおすすめします。
(もっと具体的なケーススタディが欲しい場合には、書き込んでいただけたらと思います)