いつもめんどくさいと言う生徒に対してどうしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

いつもめんどくさいと言う生徒に対してどうしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

毎回ブログ記事とても楽しみにしています。ありがとうございます。
自分が興味があることだけはやるが、いろいろなことをめんどくさがる生徒についてです。なかなか素直さもないことが多く、いろんな部分でルーズであり自己中心的です。そして面倒くさがっってしないまたはやってもとてもいいかげんに取り組むことがほとんどです。こちらもついイライラしてしまいます。何かいい手だてありますか?


ということです。
いますね。大抵は、低学力の生徒ですね。



中学生くらいだと育ちの影響はとても強いですね。
親がきちんとを手をかけないとうまくいかないわけで、それが学校でも出てしまいます。

めんどくさがる生徒は何に対してもいい加減で、けっこう聞いていないことが多く、実は「何をやっていいのかわからない」ことが多いです。
例えば、給食時間に「は、めんどくさ」と言ってさぼっていたら、実は自分が何をやっていいか、どのようにしたらいいかがわかっていないケースがあります。
掃除でも、同じようなことが起きている可能性は往々にしてあるんですね。

そのときに「給食当番だろ!? 早くやれよ!!」と言っても、その生徒にとっての答えにはならないわけですね。
ですので、このときには、「君はコロッケを1つずつ乗せて、キャベツはこれくらいをよそってほしい」と具体的に言うと解決することもあります。
口では「めんどくさ」と言うかもしれませんが、割にきちんとやることが多いと思います。



めんどくさ、というのはただ単に何をどうやっていいのかわからない、という意味かもしれません。
だったら、そうやって聞けばいいじゃないかと思いますが、「そこまで考えて言うのがめんどくさい」とも考えられます。
ですから、「わからないときには何をしたらいいか聞きなさい」と教え込むのも手ですね。


質問者さんがどういう生徒に直面しているのかはわかりませんが、めんどくさ生徒に具体的に教えてあげることをおすすめします。
親が手をかけていないので、教師が手をかけてあげることで、その生徒も教師の言うことをよく聞くようになります。
決して、怒らずに気長に対応しましょう。

外見は中学生、中身は幼稚園生。逆コナンくんだと考えて。