同僚教員たちの考え方がおかしくて、部活動が負担で仕方ありません。どうしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

同僚教員たちの考え方がおかしくて、部活動が負担で仕方ありません。どうしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、頂いた中身が長いのですが、みてみましょう。

こんにちは。部活指導について教えていただきたいことがあります。

以前の記事に、平日は部活指導をされていないと書かれていましたが、私の場合、5分だけでも部活にいない時間があると「先生はなんで今日部活に来なかったの!」と言ってくる部員もいます。
私が指導のできない顧問だと思ってなめているのかもしれませんが
「顧問なのに(個人所有の)ラケットを大会会場まで車で運ばないなんておかしい」
「練習試合の会場まで、駅から20分歩かなければいけないのに、車で迎えにいかないなんて先生はひどい」
など、無茶なことばかり言ってきます。

部活がさかんな学校なので、部活指導に力を入れよと主張する先生も多く、校務をしていると他の先生が部員らに「あの先生、部活来ないよね。俺から注意しとくわ」などと言って不信感を植え付けるので、しぶしぶ毎日11時くらいまで残業する日々が続いています。
部活を常時見ていなくてもうまいこと部がまわれば、と思うのですが、どのようにしたらいいでしょうか?

一方で部活指導できない先生は生徒指導はあまりうまくないですけど、部活派の先生らの分の雑務まで遅く残って必死に仕事をしています。部活制度のおかしさが気になってしょうがないのですが、tetra先生はどのようなことが部活指導をしていて自分の成長に繋がったと感じていますか?


ということです。いろんな学校があるものですね。

辛口になってしまいますが、、、。



学校の文化の問題もいろいろとありますが、、、、。

ただ、、、

思ったことを書いてしまいますけども・・・。


生徒が生意気な発言をするのは、指導ができていないからであり、その部分の指導をなぜしないのでしょうか??
もしかして、、、専門知識がないと生徒は言うことを聞かないと思っている、というか言い訳して逃げているのかなと思ったり。
放任主義の親の子がろくでもない生徒になるように、クラブの生徒のお行儀が悪いのは顧問の責任です。

部活動の生徒さえも指導できないのであれば、学級や授業の指導はもっとできていない、、、と考えられます。
生徒指導ができないと教師からなめられますから、変なパワーバランスが生まれているかもしれません。



さて、、、いろいろありますが。1つずつ。

まずは、「どうやったらクラブが自動的に回るようになるか」ですが。

相手は子どもですから、何らかの部分で面倒を見る必要があります。
ですので、平日に1回、休日に1回という形でクラブ指導に励むなどのことは必要です。
その中で、各生徒のことを知り、関係を深めていき、礼節を教え、実現させていきます。

今の状況では、2,3年生がだめでしょうから、意識をどこかで変えていく必要があります。
ただ、現実的には新チーム移行したタイミングが勝負で、そこまではどうしようもないでしょう。
新チームに移行したときに、いろいろと変えていくべきですが、その指導力があるかどうか問われています。


ぶっちゃけて言うと、今のままで「よし、変えてやる!」とやってもまず無理でしょうね。
なんというか、、、生徒に生意気なことを言わせたまま放置しているようでは、、、無理です。
「だったら、指導したらいいんでしょ?」って思うかもしれませんが、、、そもそもの生徒指導に対する感性、感覚という部分がずれていると思います。



厳しいことを平気で書きますが。
いろいろな教員を見てきた思うのは、生徒指導に対する感性・感覚という部分がないとだめなんですよね。
いくら教えても、だめ。

なぜか。

それは、、、そうした人は「その場しのぎできればいい」と考え、その場の問題に対処しようとするから。
でもね、、、問題の本質は教員にあることが多くて、その根本が変わらないとだめ。
問題が悪化してから対処ではなくて、問題が起こる前や起きた瞬間に対処なんです。

その徴候が見つけられるかどうか、そして動けるかどうか。
そうした感性がある方なら、この時期になれば、生徒は生意気なことは言っていません。
(しかも、毎日、クラブに顔を出していて)


ということで、、、、なぜこんなことを書くのかというと、、、、不退転の覚悟で望まないと無理ということ。
うまくいかない、できない教員には、これがない。
あなたはありますか?




もしも、その覚悟があるのであれば、やることはシンプル。

1.生意気なことを言えば徹底的に指導する。
 → 自分と生徒の責任範囲を明確にするといいでしょう
2.各生徒と話をする(むしろ、雑談の話を聞く)


これを地道にやっていくとクラブは変わっていき、新たな文化が出来上がっていくと思います。
ただ、、、中途半端になると元の木阿弥。


・・・・まあ、、、教員というのは、、、日頃から上記のことをやるのが仕事であって、覚悟があるとかないとかではなくて、当然やっているべきことです。


2つ目、「残業」についてですが。

自分の仕事以外をやらないことです。
他人の仕事をやってしまうから、それが既成事実となって「あいつの仕事」となってしまいます。

なぜ、、、やっているのか意味不明で仕方ありません。
即刻やめるべきです。




3つ目、「部活に出る出ない」についてですが。

他の教員が偉そうに「部活でないなんておかしいだろうが!」と注意してくるなら、言い返す、、、、言い返せないなら、管理職に訴えるべきであり、そのときには「◯◯先生からパワハラを受けた」というのがいいでしょうね。
管理職がどういう人かは知りませんが、パワハラと聞けば違うでしょうね。

それでも動かないときには市教委に電話しましょう。
間違いなく動くはずです。

だめな教員は、自分が偉いと感じていますから質が悪いです。
ですので、ストップをかけることが必要です。そのためには大変かもしれませんが、戦いましょう。

平日に部活に出ているとどうしても分掌の仕事が終わりませんから、放課後は集中してそうした仕事をできるような環境を手に入れましょう。


最後に「部活指導での自分の成長」について。

単純に生徒指導の力が上がりました。
人を動かす・成長させるにはどうしたらいいか、というのはクラブにぎゅーーーっと凝縮されています。
学級単位ではなかなかできないほどの速度とやりやすさがありますからね。

自分が成長できます。そして、自分が成長すると人生が一段高みに上がります




厳しいことを書いてしまいましたが、、、厳しいことを書かないといけないくらい、おかしなことを平気でやっていると思ってください。
今の状況は、周囲にいいように利用され、他人に左右されて生きているようなもの。
残念なことに、何時まで残業しようとも疲労は溜まるだけで、成長はほぼないでしょう。。。

他人の仕事を平気でやったり、生徒が勘違い発言を繰り返すなど、、、境界線がぐちゃぐちゃです。
まずは整理しましょう。

パワハラを受けるなら管理職などに訴えましょう。
軽くでも暴力を振るわれるなら警察に被害届を出しましょう。
やりすぎと思われるかもしれませんが、それが普通のことです。