校内研にメリットを感じません。どう考えていますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

校内研にメリットを感じません。どう考えていますか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

毎回ブログ記事楽しみにしています。ありがとうございます。
授業研究は大事だと思うのですが研究授業や指導案を書くことに時間をかけることにあまりメリットを感じません。tetraさんは研究授業についてどう思われますか?積極的にされていますか?


ということです。

研究授業は、、、正直、全然熱心ではありません。「そんなのいらないし!」と反発しているくらいです。



そもそも人に授業を見られることがあまり好きではなくて、、、というのも緊張するので。
ですので、研究授業は緊張しまくりで、本当に嫌です。

研究授業をどういうレベルで行うのかというのが一番ありますね。
例えば、指導主事が授業づくりのときからアドバイスをくれるのであれば、面倒でも得るものは多いです。
そういう機会は少ないので、指導主事にいろいろと質問をしてみるのはいいと思います。


各自が勝手に作ってね、という校内研形式では、、、、まあ、、、なんというか、、、文句が出ないような所で授業するという感じですかね。
得るものは、、、それほどないかな、というのが実感で。
校内で「授業時には◯◯をしよう」みたいな縛りがあることが多いので、それに従って授業を作ってみる感じです。


指導案なんて、、、実際には大事ではないので、時間をかけずに適当につくります。
(語弊がありますかね、教材と流れが分かればいいわけで、、、詳細に完璧に、というのは目指していません。シンプルにすっきりと)

ですので、、、ぼくにこの件については質問しないほうがいいですね。参考にならない答えですね。