ぶっ飛んだ生徒への対応が難しくて困っています。どうしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

ぶっ飛んだ生徒への対応が難しくて困っています。どうしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

大変手のかかる生徒でうんざりしています。
自分の好きなようにやらせないと決まって「マニュアル通りにしかできないんだろ」とか言って、お前はダメ教師だみたいな態度できます。

・先日は学校に誕生日ケーキを持ってきました
・先日は学校にかき氷器を持ってきてかき氷をしていました

指導すると、屁理屈ばかり。他の先生は共感的態度を示した上でダメだと伝えた結果「なあ、オレの気持ちわかるんなら許すのが普通じゃないの?先生って子どもが好きで先生になったんじゃないの?それなのに子どもが嫌がることばかりする」とか言ってとにかく自分の思うようにしようとしてきます。
保護者は放任主義的ですが、子どもには腹がたっているようで、殴って育てる教育をしているようです(学校には非協力的です)。
学年団としては結束力が弱く、「生徒になめられる教師が悪い。教師たるもの1人で対応しろ。学年団で協力?そんなの他力本願だ」みたいな考えの先生が多いです。 このような状況で対応していくのは非常に骨が折れるのですが、他にもなにか良い解決策がありましたらお知恵を貸してください。


ということです。

相当にぶっ飛んでいますね。



保護者は放任主義で、単純にその生徒は寂しいだけじゃないでしょうか。
きちんとしたことで評価をしてもらえないので、問題行動を行って周囲の注目を浴びようとしているのだと思います。
こうした心理については、幸せになる勇気に書いてあるので、読むと勉強になると思います。



家庭、学校、学級、生徒間に所属感がないので、自己承認のために起こしているのではないかなと。
でも、教師は評価してくれないので、問題行動を取らざるを得ない。
その問題行動でさえ、教師のマニュアル対応でなんでもかんでも押さえつけられてしまって、問題行動が悪化している。

そんな状況でしょうね。

今やっている指導は逆効果でしかなく、ぼくも同僚であれば「ああ、あの人はマニュアル通りに対応しているな」と感じますし、「うまくいかないことをよくも延々とやるな」と感想を漏らすかも



失礼で申し訳ありませんが、


今やっていることが有効なら効果が出ているはずなんです。


効果が出てないってことは、意味がない、逆効果だということ。

ここに気づかないから、延々とマニュアル通りにやって「おかしい。うまくいかない。もう一回」ってなっているともいえます。
うまくいかない人は指導を変化させないので、うまくいかないことを延々とやる傾向があります。


生徒も「マニュアル通りの対応しかできないだろ!」の一辺倒しか語彙力がない、低学力の生徒なんだろうと思います。
ただ、、、その「マニュアル~」の文句が打ち破れないのは、、、、残念ですね。




ここまでぶっ飛んだことを平気でできる環境(学級内、担任、学校体制)なわけですから、かき氷も誕生日ケーキもやらせてあげればいいんじゃいないですかね。
ただし、該当者たちだけを別室で、という形で。
やはり、大勢の生徒がいる学級で行うのだけは認めてはいけません。


誕生日ケーキに、かき氷、面白い生徒ですね。次は何を持ってくるのか楽しみになりませんか?
かまってちゃんなんでしょう。
だから、まあ、気の済むまで学級に被害が出ない形でやらせればいいと思います。
そうやって生徒に協力していけば、「先生は話がわかるじゃん」って言われるかもしれませんね。


実際にどう対応するかは別として、生徒の意向、気持ち、心理を汲み取って対応してあげないと、心ない教員のままですね。
現状としては、対応はまずいとしかいいようがありません。
今は学級に収まっているのでいいかもしれませんが、校内徘徊し始めて、大きな音を廊下で鳴らす、壁を叩いてあるき回るなどといった行動に移った時にはどうしますか?

今でさえ反発されていてまともに話を聞いてもらえないのに、タガが外れた時にはもう手遅れです。
徘徊する生徒を止める手立てはないでしょう。お手上げです。
ここまで想定して指導にあたっているでしょうか??





ぼくなら上記のような対応をするかなと思います。
そうして生徒と関係を作っていくと、本人も学校に所属感が持てるようになり、少しずつでしょうけど学級にも同じように持てるようになるので問題行動も自然となくなっていきます。

保護者の対応次第ではありますが、生徒がだめになったときでも、おそらく生徒は話を聞いてくれるでしょう。
その場合、「先生に迷惑をかけてはいけない」と廊下で大きな音を立てることはしないでしょう。


質問者さんがされていることは、正論です。
正論が通用するかは、人間関係しだいです。
この関係がないのに正論を唱えるのは危険でさえあると思います。

ので、対応に関しては生徒の意向を持って汲み取ってあげる形がいいと思います。