すべて生徒ではなくて、教師の責任というのはおかしいと思うんですが? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

すべて生徒ではなくて、教師の責任というのはおかしいと思うんですが?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

毎回ブログ記事楽しみです。でも気にかかることがあります。
すべては生徒の責任ではなく教員の責任であるという考えです。なるほどと思う反面、なかなか前向きな気持ちになれない現実があります。たしかに生徒の責任にしても何も始まらないということはわかりますが理不尽なことも多く気持ちの整理がつかない部分もあります。  それがストレスにもなっています。お金をもらっているんだから・・・と割り切る他ないんでしょうか?


ということです。
みなさんはどうでしょうか?



いろいろとうまくいかない現実があるんでしょうけど、教師の仕事は耐えることではありません。
そんなことを考えて仕事をしているのであれば、質問者さんも不幸でしょうけど、質問者さんに関わる生徒も不幸です。

考えてみてください。

教師が「お金もらえるから我慢するか」程度の志しかなかったとしたら、、、。


うまくいかない現実は生徒のせいにしたいのでしょうけど、、、ただ、そうした次元でしか物事を考えられないのであれば、それはとても低次元で、とても身勝手な教師としか言いようがないと思います。

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、

教師の仕事は生徒を成長させることですから、「どうやって伸ばしていこうかな」「どんどん学力をつけるにはどうしたらいい?」「クラブの大会で勝つにはどんな練習をしようか」とワクワクするような方向性で仕事をするべきなんです。

それを生徒の責任などという次元で捉えるのは、、、

病んでいるレベルですから、カウンセリングを受けるなど専門医に受信する方向で考える方がいいと思います。
気持ちの整理がつかないなど、辛い日々がある時には、重症にならないように専門医を考える方がいいと思います。
実際に、我慢を続けてうつ病になった方はたくさん身近にいますので。




余計なことを書きますが。

すべての元凶は、教師としての力量不足です。今のままでは戦えないだけです。
それをいかに補うか。
すぐにと言われるのであれば、校内の誰かに弟子入りして、一からすべてを教えてもらい、マンツーマン指導をしてもらいましょう。

通常であれば、新規採用で1校目は苦戦の連続でとても大変ですが、しっかりと経験を積むので2校目以降では通用するようになります。
もしも、2校目で通用しないのであれば、今後とも通用しないし、時間が解決してくれるという悠長なことはないでしょう。
ですから、誰かに弟子入りをして修行したほうがいいと思います。