1問1答形式であれこれと答えていきます | t-labo(中学校教師の支援サイト)

1問1答形式であれこれと答えていきます

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、1問1答形式で質問に答えていこうと思います。
というのも、、、おそらくつまずきの根本は同じであり、どれも同じような部分から派生していると思うので。



自分の気の向くままに人の傷つくようなことを口走ったり、行動します。家庭でのしつけもまったくできていなくて、迷惑をかけていることすらわかっていません。叱るよりいろいろ教えていきたいのですが、まずは話を聞く姿勢がないので苦労しています。どう対応されますか?

 

まずは、その生徒との人間関係を作ることからはじめましょう。
それができていないので、生徒が言うことを聞かない、聞いてくれないのです。


問題行動が再発しないようにつねに対策を練ることはとても大切だと思います。そのために心に響く言葉掛けが一番なのですが、これはなかなか難しいです。そうなると常に監視しておく他方法がないような気がします。でも教師が見ていないすきをねらっていろいろな問題行動を起こすので、監視していくのは正直限界があります。どう考えられますか?


生徒指導の度に中途半端な指導しかしていないので、問題が頻発する、監視しておかないといけないのだと思います。
ですので、まずはしっかりと生徒指導をできるように、学年主任などの手を借りて指導の徹底を行いましょう。
それと、生徒との人間関係ができていないので、常に監視という発想になってしまうと思います。

きちんとした生徒指導ができるようになると、生徒たちは教員の味方になってくれますから、生徒たち同士の抑止力が聞くようになると思います。



問題行動を起こしがちな家庭に限って「不信感を持っている」ことがさらに事態を悪くしています。生徒や保護者に事実をお伝えしても不信感が先にたっているので、なにをやっても無駄になっています。  せっかくよかれと思ってやってることも揚げ足をとっていき事態をさらに悪化させています。教員の仕事は信頼関係が一番なので、この悪循環はけっこうきついです。どう対応されますか?

 

これは単純に、生徒に信頼されていないからです。
つまりは人間関係ができていないから。
また、指導についてはきちんとしたものができず、適当に終わらせている可能性が高いと思います。

だから、生徒も保護者も「また、、、いい加減な指導をして引っ掻き回すだけだろう・・・偉そうにして、迷惑なんだよ」って思っていると思います。
あなたがよかけれと思ってやっていることは、、、実はありがた迷惑なものであり、場合によっては加害者の一味となっています。

学年主任とともに生徒指導をするようにしましょう。まずは生徒指導のいろはを覚えましょう。


管理職等からいろいろ助言があるのですが、時間的には限りがあるし相当がんばれば実現可能なこともありますが、あれもこれもやったほうがいいというアドバイスで正直精神的にも肉体的にもきついです。やれることはやりますが、精選してやらないと時間がいくらあっても足りないと思っています。助言をうけたら「はい」というように言われます。こちらの身にも少しはなってほしいのですがこんな人は無理なんでしょうね。


おそらく、、、「はい」と返事をして話を聞こうともしないと、周囲の人達は思っていると思います。
いろいろと助言を言われるのは、あなたが足りていない、まずいことをやっているからです。
それを、「こっちは忙しいんだから、できるわけないだろ」と逃げていませんか?

経験3年以降に周囲から言われることは、「これはまずいから改善して欲しい」ということです。
本当は言いたくないけど、言わざるをえない、そんなまずい状況だと判断するほうがいいと思います。

ですので、何をどう改善できるのか整理して一つずつこなしていくほうがいいです。
そして、その成果や結果について、学年主任などと確認しながら、具体的にどうやっていけばいいかの精度をあげていきましょう。



教員として働いていると、様々な点でダメだしやクレームなどが多いです。気持ちも滅入ります。でも、欠点が多い自分にも長所があってそこを伸ばしたいと自分で自分を励ましています。自分の長所って社会に出たらまったく理解されないのが普通なのでしょうか?


そもそもの長所を理解していますか?
その長所は教員のどんな部分で活かされるのかを考えていますか??

長所はその本人が発揮してこそ、相手が理解してくれます。

長所を伸ばすことも大事ですが、その前に教師として通用していないのではないかと思われます。
まず、どうやったら教師として通用するのかを、学年主任を始めとして周囲の教員に相談しながらやっていくことをおすすめします。


・・・・





ということで、

どの質問もそうなのですが、まずは周囲の教員の力を借りて、手取り足取り教えてもらうほうがいいと思います。
自分はできていると思っていても、現実としてはけっこうまずそうですから、「できていない」「半人前以下である」と考えましょう。

ですので、基本は生徒指導のときには学年主任に同席してもらいましょう。
でないと、どんどん暴走してうまくいかないことを積み上げていってしまうと思います。


余計なことを書きますが、

うまくいかない人ほど周囲の教員とうまくやっていないし、協力を得られていないし、頼れない。
だから、ますますうまくいかない悪循環に陥ってしまいます。
周囲の教員は、まずいことをやっているのに理解していないし、人の言うことも聞かないし、とどんどん見放して行き、孤立するようになります。

うまくいかない = 自分一人では通用しない と考えて、「誰かに手伝ってもらわないと無理」ということを理解してください。

そうすると、現実が変わってきますよ。