事故だったのに、加害生徒が謝らずに被害生徒が怒っています。どうしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

事故だったのに、加害生徒が謝らずに被害生徒が怒っています。どうしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

毎回記事参考にしています。
学校で故意ではないにせよ加害生徒が被害生徒にけがをさせてしまった場合、お互いの保護者にも事実を連絡しました。その際「病院にも行っているので謝罪の電話を入れておいたほうがいいですよ」と加害生徒の保護者に伝えました。そして加害生徒の保護者及び生徒が被害生徒の家に謝罪に行きました。でもその際加害生徒の保護者は丁寧に謝罪されましたが、加害生徒は態度が悪くあやまることもなかったようです。(家庭の教育力がとても弱い家庭です)
それで被害生徒の保護者及び被害生徒が怒ってこちらにクレームを言われました。加害生徒はけがをさせたことの事実は認めさせたのですが心からの反省はありませんでした。(これを反省させるのが難しい生徒です)。その後、加害生徒は被害生徒を恨んでいるのか嫌みを言ったりしているようです。やはりこちらの指導力が足らないのでしょうか?


ということです。
謝罪にいったところまではよかったのですが、残念な結果になってしまいましたね。
いくつか不思議な点がありますね。



「故意ではないけど怪我をさせた」とは一体何をしていたのでしょうか。
友達と過激な遊びをしていて、通りがかった生徒が怪我をしてしまったのか?
何がどうであれ、故意であろうとなかろうと被害生徒からすると、やはり許せないことだと思いますし、なによりも学校でそういうことをやっていたことをしっかりと指導しないといけません。

この指導によって、加害生徒を反省させて謝罪へと結びつけていく形にします。

いただいた内容を見ていると、事故だったから加害生徒には一切指導はせずに、加害生徒の保護者に謝罪するように要求するだけ、という丸投げにしか思えません。
これは教師・学校の怠慢でしょう。

それに、家庭の教育力が低く、反省をさせるのが難しい生徒というのがわかっているのにも関わらず。。。

となると、、、もう「あいつは指導しづらいから、まあ、いっか」と指導を投げたようにしか思えませんし、周囲の同僚教師は「逃げたな」と思っていると思います。
うまくいくわけないですよね。



ということが想像できるのに、しなかったのがやはり指導がまずいと言われても仕方ないし、自分からすると「起こるべくして起こった」としか思えません。
そして、加害生徒が恨む、ということは、指導をしていないからでしょうね。

加害生徒の普段の様子を見ていると、容易に恨むことは想像できたからこそ、その日に指導をしておくべきでした。
被害生徒側からすると、「学校がちゃんとした対応をしないから、自分たちは被害者なのに、どんどん悪い状況になっている!」と憤慨しているでしょう。

また、悪意がないにしろ、怪我をさせたのだから、加害生徒が被害生徒に直接謝罪する場を設けるべきでした。
今回のやり方では、本人に何の責任もなく「なんで俺が謝らないといけないの?」としか思えませんよね。
生徒が怪我をさせたので生徒がきちんと謝る責任があります。

それをまずなによりもやるべきであり、これを学校でやっていたら、被害者側はまず怒らなかったでしょうし、加害生徒の保護者に電話する時に、「本人同士の謝罪を済んでいるので、お母さんから向こうの保護者さんに謝りの電話を入れてもらえますか?」と言えば、ずいぶん違ったでしょう。
加害者側からすると、学校がきちんとやることはやってくれているので、あとは保護者同士だけ、という形でやりやすかったでしょう。




ということです。整理しますと、

・加害生徒に指導をしていないことが元凶
・加害生徒が被害生徒に謝罪する場を設けなかったことがこじらせている
・保護者が謝罪にいかれるなら、生徒の状況を考えると教師が付いていくこと考えるべきだった

となります。そして、これからについては、

・加害生徒に怪我をさせた行為は危険であることの指導
・恨み節を言うことは絶対にやめさせることを本人に約束させる
・加害生徒が被害生徒に謝る場を設ける(もちろん教師同席!)
・被害保護者にその後の経緯と学校が指導しなかったことの謝罪

ということをする必要があります。




最後に余計なことですが、ただの表現の問題だと思いますが、

>病院にも行っているので謝罪の電話を入れておいたほうがいいですよ

と「いいですよ」と言うのではなく「謝罪の電話を入れてください」「入れてもらえませんか?」と確実にやるようにお願いをするべきです。
もしも、、、それで謝罪をしなかったら、、、加害生徒の反省もないし、謝罪もないし、、、学校は何をしている!?ってますますお怒りになりますよね。

やることは多いと思いますので、出来る限り翌日にはすべて行いたいところです。かなりまずい状況です。