感謝の声~おかげでうまくいくようになりました! | t-labo(中学校教師の支援サイト)

感謝の声~おかげでうまくいくようになりました!

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、感謝のお便りの紹介です。
ブログを見てともに頑張っている方の励みになればと思って、掲載させていただきます。

いつも、自分の上から目線攻撃で「あんたの言うことは本当な?」ということは多いと思いますから、うまくいくようになったのはどういうポイントなのかなということを、少しでもシェアできたら嬉しいと思いまして。



こんばんは。夜分失礼致します。私は中3の担任をしております。質問ではないのですが、書き込ませていただきます。
私は、去年中2の担任でした。しかし、私の責任でクラスを崩壊させてしまいました。何人もの生徒たちを傷つけ、また何人もの先生方にご迷惑をお掛けしました。私はというと、どうしたらいいのかわからない苦しみにもがきつづけ、行き着いた先がこのブログでした。

当初、各記事を拝見させていただいたときは、ショックを受けました。それは、私自身が当時はこの状況を周囲の環境や人に責任転嫁していたからです。しかし、Tetraさんのブログと出会い、ブログで紹介されていた課題図書を全部読み、いざ新年度を向かえ、実践してみると…。
今では、毎日学校で子どもたちと会って話すのが楽しくて、楽しくて仕方がありません。子どもたちがかわいくて、かわいくて仕方がないのです。

Tetraさんと出会い、課題図書の数々に出会い、私は変われた?気がします。去年、辛い思いをさせた生徒たちのためにも、これからも一生懸命頑張ります。どうしても、お礼を伝えたいと思い、書き込ませていただきました。Tetraさん、本当にありがとうございます。


ありがとうございます。
苦痛の1年を乗り越えて、今年はうまくいっているということですね。
とてもうれしいですね!



勝手な解説を入れてしまいますが、

「責任転嫁をしなくなった」というのは本当に大きな方向転換だったと思います。
現実は現実かもしれませんが、考え方を変えると見え方が変わり、行動していくと現実が変わっていきます。

課題図書を読まれたということで、読書は思った以上の力を与えてくれます。
苦戦している方には、教育書に限らずに読むことをおすすめです。


生徒は同じ生徒なのですが、自分の行動を変えると、生徒の行動が変わっていき、良い循環がうまくれるようになります。
良い循環を作れるようになると、それがずっと続けていけるようになります。
それが教師力なのかもしれません。

一度「うまくいった」という手応えをつかむとその後はけっこう楽に行けることが多いですね。
まずは多くの方に「うまくいった!」という感覚を掴んでほしいですね。

生徒は毎年入ってきますので、焦らずに楽しみながらやっていっていただけたらと思います。
力がついたと思って慢心していると、思わぬ落とし穴が待っていますので。