第298話 言い訳を行動に | t-labo(中学校教師の支援サイト)

第298話 言い訳を行動に

島田の言葉に荻原は自分の思い至らなさを痛感する一方、言われるだけも嫌だったのでこう言った。
「そうはいっても、俺は努力してるし。やることはやろうとしている。」

『ですね。

ただ、その言葉を聞いて中村母は納得しますかね?』

納得するはずはない。中村母は言い訳ではなくて、見える対策や結果を求めている。



『やっているって、ただの言い訳でしかなくて。もうそのことは何度も言ったと思いますが。
やめにしないと。
具体的に何をやったかですよ』

何回も聞く話だ。
言い訳ばかりを並べるのは、川島と同じだった。

努力している、やっている、はい

と返事をする度に、何もやらないことを選択して逃げていた。
そして、それをやめようと自分に言い聞かせるが、自分の分が悪くなったらまた逃げる始末。

その度に島田に事態を収拾してもらっている。
同じことを繰り返して、自分の都合だけで動いている。
情けなかった。

学年団が協力してくれない、冷たいのは仕方のない現実だった。




荻原は、今度こそ生まれ変わって頑張りたかった。
勇気を振り絞って言った。
「あーーー毎回同じことしてるわ。結局、どうしたらいい?」

『何かあったら学年団に報告するべきですよ。わからなかったら、どうしたらいいかをしっかりと聞くこと。
そして、何よりも学年団の先生たちに興味を持って、いろいろと雑談をして人間関係を作ることです。』
「雑談って苦手なんだよな・・・」

『言い訳言って逃げることもやめましょう。とにかくやってみることを大事にしましょう』