自分がうまくいかないようになるのではないかという不安がつきまといます | t-labo(中学校教師の支援サイト)

自分がうまくいかないようになるのではないかという不安がつきまといます

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

こんにちは。さっそくですが、質問、というかアドバイスください。

今、私は4年目に突入したものです。 1,2年目はもう本当さんざんなクラスにしてしまいました。 その反省をいかしたり、このブログに書いてあることを実践して、3年目、そして今現在に至るまで、信じられないくらい生徒・保護者から支持される教師へと成長しました。こんな人生うまくいっていいのか、と自他ともに思ってしまうほどです。

しかし、どこかで自分自身の力で通用しない生徒が現れるのではないかと正直おびえながら仕事をしているというのが現状です。つまり、まだどこでも通用する自信がないというこです。もちろん生徒の前では堂々としていますが。

tetraさんがいつもいうように教師は一歩間違えると生徒を不幸にする仕事であり、責任があまりにでかすぎる。だから当然平和にすごせている今でさえ勉強しまくってます。
が、やはり出勤前は動悸に苦しめられてます。またあの惨禍を繰り返すのではないかと。一種のトラウマでしょうか。(アドラーはトラウマを否定しますが・・・) 重責であるということをとことん自覚しているtetraさんには、緊張による動悸とかないですか? また、いいリラックス方法とかいい思考方法があったらぜひ教えてください。


ということです。
うまくいっているのは、勉強をされてトライアンドエラーを積み上げてきた成果だと思います。
どんどん力をつけていっている証ですね。

今回は参考にならない、独り言って感じです。。。



うまくいっている現状でさえも、過去うまくいかなくなったときのことが脳裏をよぎり、うなされたり、朝にその反動が来たりというのはあると思います。
動悸を経験したことはありませんが、朝から「ああーー嫌だ・・・」と思ったことは何度も何度もあります。

通用するようになってから不安に苛まれたのは部活動ですかね。
うまくいっているんだけど、いつか生徒が言うことを聞かなくなるのではないか、いい関係がずっとは続かないのではないか、という不安はずっとありましたね。
それを恐れながら、ひた隠しにしながら、クラブ指導をしていました。

結果的には、生徒は反抗することはありませんでしたし、うまくいきました(大会の結果とは別で)
自分的にはいつ転覆するか正直わからない、、、という思いでしたが。




今から振り返ってみると、自分が強がりすぎていた、自分の力以上に見せたがっていたなどの虚栄心だったような気がします。
「実は競技のことをよく知らなくて、なんとなくの知識で指導している」ということを看破されたくなかったのだと思います。

でも、そんなことはあまり重要ではなくて、むしろ「ごめん、あんまり知らないんだよ」認めたほうがよかったのではないかなと思うし、自信とかそうではなくて、自分が自分に対して正直であればよかったのかなと。
生徒に対して見せないといけない理想像なんてのは幻想で、今いるのは自分であり、それは大きくも小さくもなく等身大の自分でしかない。

生徒との関係なんてのも教師が偉いわけでもなく、同じ人間なだけですから、無理しなくてもいいし。
生徒は身勝手だといいますが、関わり方をきちんとすれば、それなりのものです。
今を力でギュウギュウに抑えているわけではないのなら、案外生徒はついてきてくれているものです。

時代は変わっても、生徒は180度一気に変わるわけでもないですから、今のままのスタンスでも同じように通用するわけです。
もしも、手をつけられない生徒が来ても、多くの生徒には通用します。
その生徒に関しても、他の生徒と同じで時間をかければたいていはうまくいきます。





長く教員をやっているとそんなことを学びましたね。
心配事の多くは幻想で、自然体で望めばそれなりの結果はついてくる
自分のことを過度に過信したり、プライドを持っていると変に臆病になったり、保身に走ったりする必要が出てきて疲れますけどね。

生徒が「だるい」と言えば、「そうだね。今日はだるい日だね」とでも言って笑う感覚でやればいい。
サメのように進み続けなければ死ぬなんてこともない。
毎日、なんとなくでもいい。ただ、誠実に生徒とやっていけば、だいたいなんとかなる。

むしろ、誰かに何かを強要したり、いじわるをしたり、嫌がらせをするなどしたほうがよっぽど精神衛生上よくない。


参考にならないと思いますが、そんな感じです。
血気盛んではなくなりました。
年をとったなあとしみじみと感じるこの頃です。

ということで、経験が増えていけば自然となくなるのかなと。

今は学校に行くことに関してはなんともないですかね。
仕事が多くて寝不足や疲れが取れない、体がだるいなどの諸症状があり、「はああ、めんどくさ」という感じは毎日ありますけどね。