いろいろな理由で不登校がいます。どうしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

いろいろな理由で不登校がいます。どうしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

「不登校気味の生徒」について  原因としては、学級担任への不信感、人間関係のトラブル、怠学などいろいろ複合型です。保護者はこちらに会うことを避けています。その都度対応してきたのですが、とても残念です。どうしたらいいでしょうか?


ということです。

不登校というのは難しい問題ですね。



不登校を考える時には、「本人の気質」「家庭環境」「学校での友人関係」を考える必要があります。
今回は、それに加えて「担任との関係」も考慮する必要があるでしょうか。

本人の気質による不登校の場合、保護者は担任を頼りにするし、自分の不安を話したいものです。
ですので、今回はその保護者が会いたがらないわけで、「本人の気質」というよりも「担任」という要素が大きいと思います。

掲載しない情報を含めて、総合的に見ますと、

生徒が問題を起こしたのかもしれないけれど、それに付随する問題を担任が適切に解決せずに、状況を悪化させ本人を窮地に追い込んだのが原因ではないかなと思います。
本人は学校が好きかどうかは知りませんが、学校に行くと嫌なことがある、起こる、解決してくれないといった不安、実際の負担・不満があるんでしょうね。

言い方悪いですが、教師が不登校に追い込んだと考えたほうがいいです。




なぜ、そんなにきつい表現をするかと言えば、今回のケースは「教師の対応次第で不登校は解消できる」と考えるからです。

(なんだが、、、この質問コーナーは質問者さんを攻撃しているかのように思われるかもしれませんが。
自分が同じ学年団だったら、どう感じるか、そしてどう解決していくかをもとに書いています。
まずいことをしていたら、やはりまずいと書かざるを得なくて、何がどうまずいのかを理解してもらいたくて書いています。

厳しいことを書いて申し訳ないですが、そうしたまずいをなくすように、そして問題を解決できるようにしたいです)


さて。

現状からどうリカバリしていくか。
まずは、保護者と生徒と話ができる関係を作る必要があるので、学年主任とともに家庭訪問をして話を聞きます。
保護者や生徒が何を不満に思い、何を解決してほしいのか、その願いをしっかりと聞きます。

生徒指導の問題があるならきちんと動く、だけではなくて解決すること。
生徒が学校に来たときに起きた生徒指導はきちんと解決すること。





今回の場合は、「解決」できるかでしょうね。
おそらく質問者さんだけでは解決できないので、基本的には学年主任とともに生徒指導に当たることが必要です。
問題が解決できたなら、保護者や生徒の不満はある程度解消されるし、信頼は少しは取り戻せるでしょう。

ただ、、、ここがスタートラインです。
不登校が解決なんてとんでもない。


その子がトラブルに見舞われないように学級づくり、トラブルになったらきちんと解決していき、「もう二度と同じような思いはさせない」という思いを実際の行動で示していくことです。
一度失った信頼を取り戻すのは難しいのです。
ですので、毎回、ずっと学年主任とともに生徒指導をしましょう。何かあれば相談しましょう。

そのくらい敏感にならないといけません。




もしも、このまま手をこまねいていると「担任のせいである」わけで、管理職や同僚からも批判されるでしょうし、どんどん苦しい立場に追い込まれるでしょう。
教育委員会にでも相談されたらとんでもないことになりますね。
担任が生徒をいじめて、不登校に追いやったとされるでしょう。

自分だったら、もうすぐにアポをとって家庭訪問していますね。
そのくらいやばいレベルです。


あと気になるのは、問題に対して「対応」したのと「解決」したのは全く別次元です。
「対応」したというのは言い訳としては使えますが、現実として「事態を引っ掻き回しただけ」ということは往々にしてあります。
今回はこの「引っ掻き回した」対応をした可能性があります。

解決ぐせをつけることをおすすめします。
そのために、学年主任とともに生徒指導をすることを強くおすすめします。