基本的なルールが身についていない生徒をどうしたら良いですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

基本的なルールが身についていない生徒をどうしたら良いですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

こんにちは。いつも楽しく記事を読ませていただいています。
地域差もあるのでしょうが、私が中学生だった約10年前に比べて、外国につながる子どもが大変多くなった印象を受けます。国によって文化が違うので仕方ない部分もあるのかもしれませんが、

・時間や締め切りにルーズ
・授業中に離席や飲食することをわかっていない
・はんこが必要な書類にシャーペンで記入し、はんこもおさない

などの困った点があります。ひとつひとつ「こういうときは○○するんだよ」と教えてはいますが、そもそもなぜそんな無駄なことをやらせるんだという思いもあるようで「めんどくさい!」と怒ってくるときもあります。ちなみに日本語は大丈夫な子です。
どうしてやったらよいでしょうか? ちなみに家庭の教育力の低い場合、日本人生徒も同じような思いを持ち、反発してきますが、解決策はありますか?


ということです。



学校や書類上のルールに関しては、そういうものだと教えて早く慣れてもらうしかないと思います。
焦らず怒らず、地道にやっていきましょう。

良好な人間関係ができていけば、何の反発もなくなっていきますし、割に早く解決するような気がします。
気になるところは個別に説明をしたり、「ここはボールペンで」とふせんを貼るなどの対策をしましょう。

ちょんと難易度は上がりますが、学校生活のルールに関しては、教えたり注意し合えたりする学級づくりをしていけば、なんでもかんでも教師が注意しなくても済むようになります。