生徒指導で苦しまないのですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒指導で苦しまないのですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

「生徒指導で困ったり、苦しんだりすることってないんですか?」 正直難しい生徒がいます。tetraさんは困ったり苦しんだりしないんですか?問題行動が起こる度にため息とか出ないんですか?いつもすっきり解決ってなるんですか?


ということです。



嫌なことはありますね。
授業に対して生徒のやる気がないときとか、問題行動をあえてとる生徒を見たときとか、ヤンキーに落ちていく女子生徒とか。

難しい生徒もいます。
一番の問題生徒というよりも、目立たないけど反抗的なタイプの方が難しいと感じますね。
問題行動をバンバン取る生徒のほうが対応しやすいし、人間関係を作るのは楽ですね。


生徒指導に関してはよっぽどのことがない限りため息は出ませんね。
どうやって解決するかではなくて、「どの時間に指導をしたらいいか?」ということのほうが心配です。
いろいろと予定が混んでいるので、それをどんどん後回しにすると面倒なので。




生徒指導は基本的にはいつもうまく解決です。物がなくなったときは犯人が出てこないことはありますが。
不満も残らないし、生徒もすっきりした顔で帰っていきます。

生徒指導は生徒を成長させる一種の課題みたいなものと考えているので、どうしても起こりますしね。手間はかかります。
生徒指導があるから、どんどん楽になるという側面もあります。
1年間で言えば、1学期でそうした生徒指導は多くありますが、きちんと乗り越えることで2学期以降が全然違います。


きちんと生徒指導をするから、生徒は落ち着くし学級に安心感は生まれます。
そうすると「あの教師はちゃんと仕事をする」と生徒に評価をされ、学級に難しい問題生徒がいても、担任が他の生徒から支持されているので多勢に無勢になりやりやすくなります。

良い循環を生み出すことができればかなり楽になります。
そのためには、きちんと生徒指導ができるようになること、良好な人間関係を作れるようになることが必要ですね。