携帯が鳴って犯人が出てきませんでしたが、後日判明しました。どうしたらよかったですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

携帯が鳴って犯人が出てきませんでしたが、後日判明しました。どうしたらよかったですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、授業中で携帯がなりました。この対応はいけませんか?に返信です。

携帯電話が鳴った際の対応についてご回答ありがとうございます。

まわりの生徒がいるから「あいつそんなことしたんだ」という目で見られたくない可能性があると思って、後で名乗り出てほしいと伝えたつもりでした。だいたいどのあたりで鳴ったのかはわかりますが、本人がそういう思いだったら聞き回るのもかわいそうかなと思ったのですが、そのときすぐさま音が聞こえたあたりの生徒らに聞き込みをする感じの方がよかったでしょうか?
それとも帰りのSHRでアンケートでしょうか?(アンケートすべきタイミングがよくわかりません。時間を置いたら生徒らも忘れそうな気がします)

私としては指導したという言い訳づくりをしたいわけではないですし、携帯を持ち込んだこと自体よりも他人のせいにして正直に名乗り出ないことが許せません。
ちなみに数日後、「実は犯人は◯◯なの」と教えてくれた子がいたので犯人はわかりました。この情報提供者にはお礼を言いました。
犯人はとにかく問題を起こしまくる子でした。私のことをうっとおしく思っている可能性はあると思います。


ということです。
前回の質問では状況が今ひとつわからなかったのでぼんやりとした回答になったかなと思います。
学級の生徒が教えたくれたのは本当に大きな成果ですね。



問題行動への対応が学級をつくると考えています。
ので、どの程度の問題でどのくらいの行動を取るのか、それが大事です。
学級がうまく機能しているのであれば、前回のような対応でもいいでしょうし、何をどう目指しているのかが、、、質問内容からはわからないのでなんとも言えません。

生徒が携帯を持ってきて担任が話を全体にするという対応に関しては、前回書いたとおりで対応としてはぬるいかなと個人的には思います。
ただ、これは学級の状況や担任の支持率の関係でありますから、一概に悪いわけでもありません。

全体に指導して出てきて欲しい。でも、出てこなかったのが許せない。
とありますが、そんなものでしょう。
怒っても仕方ないです。

出てくることは携帯を没収ということになりますから、逃げるほうが明らかに得策だからです。




むしろ、、、今回、犯人らしき人物がわかったことでどうするかです。

教えてくれた生徒はどういう気持ちで担任に言ったのでしょうか。
いつもその生徒が持ってきているのを知っていて(生徒同士は誰が携帯を持ってきているとかよく知っているので、自分も持ってきたいのにと)面白くない思いをしているのかもしれません。
「携帯くらい持ってきてもいいじゃん」と考えている生徒は絶対に教えてくれません。

生徒は担任に教えることで何かしらの行動をしてくれることを求めているのではないかなと思います。
自分だったらその話を聞いたら、即刻、その生徒に話をします。
そして、携帯は持っていないから没収はできないにしても、携帯を持ってきていたことは認めさせるし、保護者に電話も入れます。
教えてくれた生徒にフィードバックするし、学級にも話をします。





学級の様子や普段の関わりがわからないので、なんとも言えませんが。
こうした生徒が情報提供してくれているのに動かないのは、信頼関係を損ねる行為であり、担任が学級を荒らす行為です。
生徒からすると、「担任の先生は何かがあったらいつでも動いてくれる」という安心感につながり、次も何かあったら教えてくれます。

問題を起こす生徒からすると、担任はすぐに生徒指導に動くからやばいと考えます。
そうして、学級は正しい方向へと動きますし、保護者の見方も変わってきて何かがあったら相談をしてくれます。
というのも、生徒が保護者に「担任の先生はすぐに動いてくれる」と言うからです。

質問者さんは、きっと今、生徒から試されていると思います。
どうするのかと・・・。
そして、認めさせる力量があるのかと。





話が脱線しましたので、戻しますと。

授業中に携帯が鳴った時には、どの辺で鳴ったかはわかるはずですから、「そこら辺で鳴った!」ときちんと指摘するべきでしょう。
アンケートに関しては帰りのSHRなり、給食後なり、一番近いタイミングで行います。

アンケートをするべきかは、、、考えようです。
「たかだか携帯」と考えるかどうか。
大げさですしね。

アンケートをしないなら、昼休憩など動ける時間に個別に生徒に聞き込みをしていって、理想的には犯人を絞ってその日のうちにその生徒と話をすることですね。
空き時間の関係もありますが、聞き込みをすることは大きなことだと思います。
生徒に問題が起きたら担任はすぐに動くことを物語るからです。

生徒のことで汗をかくことは、成果をあげられるかどうかは別としても、学級に良い影響を与えます。
(余計なことを書けば、、、前回の携帯騒動があっても担任は動きらしい動きを見せなかったと捉えられても仕方ないということですね。
ただ、まあ、、、こんなことを書いていけば、なんでもいちいち動いたら時間がいくらあっても足りない!と憤慨する人もいるでしょう。
どう考え判断するのか、結局のところ、毎日の行動で試されているということです)