生徒に信頼関係がないと言われました。どうしてでしょうか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒に信頼関係がないと言われました。どうしてでしょうか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

いつも楽しみに拝読しています。 先日も書き込みさせて頂きましたが、2日連続ですみません。

tetra先生はとても生徒との人間関係を大事にされているのが伝わってきます。
実は、話し合いのところで、生徒に担任との信頼関係がないのがクラスの問題点だと言われてしまいました。
その場ではどう反応して良いかわからず、受け流してしまいましたが、内心とても気にしています。

私を心配して顔色を伺うような生徒もいましたが、あまり後味残してはいけないな、と思ったので、クラスで1学期過ごしてきてもっとクラスを高められるような意見は出せないの?と問いかけたのみです。
本当にどうして良いかわかりません。
最近は朝行くのが不安で吐き気と戦う毎日です。

5年目でもこんななので、何とかしないととは思っています。授業については問題なくやっていると思います。
自分がこんななので不登校の子の気持ちはわかるからか、徐々に学校に出られるようになっています。
嬉しいことはそれくらいで、本当に毎日が辛いです。

2年前からブログを読ませて頂き、毎日このブログだけは欠かさず読ませて頂いています。
しかし、最近は生徒との関係がないから上手くいかないとのことだけで、読むと少し辛くなります。
信頼関係がないと言われても、何をどうして良いかがわからず、とても悩んでいます。

どこまで生徒を間に受けるのか、受け流して良いことは何か。生徒と話すときに大切にすべきポイントは何か、などが知りたいと思っています。
こうしたところが上手くいかなかったからこういう風にするといい、などが聞きたいです。
見ず知らずの教員に毎日質問にも答えて頂き、感謝しております。

藁をもすがる思いでブログを読ませて頂いています。
私のような気持ちが弱い教員が、力を発揮して教員として生きていくために、生徒が成長出来る場を少しでも多く作っていくために、お力添え頂けないでしょうか。


ということです。
最近のやりとりはちょっと手厳しい物がありましたね。こういうコメントを頂くと反省します。
その手厳しさについて書かせていただきますと。

手厳しい返答があるのは、その質問自体が現状を変えるために肯定的に何かをしようとするものではないからです。
言い訳を前提に動いていて「本当に何かやる気があるのかな?」と疑ってしまうようなスタンスだから。

と言いますのも、ブログで書いていることは「行動しましょう」ということであって、その行動の部分がなく、言い訳の部分ばっかりにクローズアップしていて、同じような質問ばかりされてしまうので。
「行動してこうなった」ということであれば、ぜんぜん違うわけですし、「こう行動したらいいよ」と具体的で生産的なことができます。
言い訳ベースにしていると、常に生徒のせいであって、自分は悪くなくて、自分を変える必要もないというスタンスでの物言いになってしまうので、まずはそこから脱却しないと話になりません。

このブログで説いていることは、教師の責任を感じ、どうしたらうまくいくようになるか行動してみましょうということですから。
このスタンスで動こうとされない方には、正直、かける言葉がありません。
日々、行動しようと書いているにも関わらず、自分を変えようとしないのですから、現実もうまくいくようにはならないのです。

ですので、、、手厳しくなっています。



さて、話を戻しますと、とにかく具体的に質問がいただけるとうれしいです。
「こうしたらこうなったんだけど」という形はグッドです。
「こうしようと思うけど、生徒はどうせ反発するからやるだけ無駄」は絶対にNGです。


信頼関係がないということですが。
あなたが信頼している人は誰ですか? 信頼できない人は誰ですか?
どうして信頼できる人とそうでない人がいるのか、その境界を見極めてみましょう。

ほとんどの子どもは親のことを信頼しています。
なぜかを考えてみると、「親は子どもの面倒見るから」でしょう。
それは子どもがどんなにダメでも、家には住まわせてもらえるし、食事も寝るところも遊び道具でさえも与えてもらえます。

子どもは見捨てられることはないと、心の底から信じ切っていますし、それは親が損得でやっていることではないからだと思います。

もしも、あなたが生徒から信頼関係がないと言われるのであれば、おそらく「最後の最後までかばってくれない」と思われているのではないでしょうか。

例えば、学活の時間に学校として何かに取り組んでいて、生徒から「◯◯はどうしたらいいですか?」と質問されました。これは教科の内容ではないので答えられないし、その担当の先生でないと判断がつきません。
そのときに「ごめん、それはわからないわ」と返事をするとします。

これはいい返答でしょうか? その理由は何でしょうか?



どう思いますか? いいのか悪いのか、そう判断する理由は何でしょうか?
真剣に考えてみてください。



・・・・






これはダメな返答ですよね。
生徒の疑問を解消してあげないのは、「たらい回し」であり、生徒は困ってしまいます。
「あとで□□先生に聞いておくよ」と言うべきであり、実際に聞いてクラスにフィードバックするべきでしょうね。

この差でしょうね。

「この先生に話しても解決してくれない」というときには「信頼関係がない」というのでしょう。

・生徒が問題を起こした時に、生徒が納得するまで最後の最後まで粘る
・嫌がらせを受けた生徒にはそれが継続しないように生徒指導を最後までやり、なおかつ、その後嫌がらせがないか定期的にチェックて強いる
・生徒が困ったということは、よそに回さずになんとかする

といったことができるかできないか。

うまくいっていない方は、生徒指導がうまくできないので、もうすでに生徒には信頼されません。
生徒が嫌がらせを受けているのに、指導さえしようとしません。
それなのに信頼関係なんてできないですよね。






ここまで読むと「なんで教師がそこまでやらないといけないのか!」と怒っている方もいるでしょう。
でも、、、しっかりと生徒のことを面倒を見るから信頼関係が生まれるわけです。
自分本位で「このくらいやっておけばいいだろ?」という考え方で人はついてはいきません。

生徒のためにを考えて大事にする。それを行動にするから、生徒も信頼してくれる。
信頼してくれるから学級も落ち着くし、生徒指導も楽になる。
こうした構図です。


質問があればいつでも大歓迎です。
具体的にしてもらえると助かります。言い訳を前提にしてもらうと困りますので、自分で行動してみようという気持ちで書いてください。
この違いだけは知っておいてもらえると助かります。