あなたが教員採用試験で受からない4つの理由 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたが教員採用試験で受からない4つの理由

ところで、何で教員採用試験に受からないんだと思いますか?

つまり、

教員採用試験では何が見られているのか、考えたことはありますか?

ってことです。
それがわからないでいるうちはずっと受からないかもしれません。



あなたに不足しているもの


受からない = あなたはいらない、優先順位が低い

ってことです。
その原因を考えないといけません。
教師というのは、案外、自分のことを見つめ直すのが下手です。

非常勤講師でも、現場に出れば「先生」と言われる立場です。
自分が教えるので、偉いと思ってしまいます。

現場で非常勤講師や臨時採用の人を見て足りないことを4つまとめましたので、チェックしてみてください。



教員採用試験で見られている4つのこと


1.基本的な学力はあるか


一次試験に受かりません、という人はこれです。

基本的な学力が足りていない

以上。となります。

もうすでに足切りにあっています。

では、一次試験を突破したら基本的な学力はあると見ていいでしょうか。
それは単純に学力なだけであって、教員として必要な学力の一部です。

特に、必要だなと思うのは、コミュニケーション力と授業力。
知識はあってもどのように組み立てていくかが問われるわけです。

「あんたは頭がいいんだろうけど、何を言っているかさっぱりわからんよ」

大人がそう思ったら、生徒も同じ感想をいだきますし、

面白くない先生 = どうでもいい先生

になりますよ。
これってどこで判断するかと言ったら、話せば一発でわかります。
言葉の端々ですぐにわかりますから。瞬殺。

面接のためだけに準備をしていっても無駄です。
普段からの心がけや身につけた教養、考え方が出ます。

いつも鍛えるしかありません。




2.一緒に働きたいか


何をおいてもこれですよ。

あなたと一緒に働きたい!! と思わせる

教員採用試験って、「一緒に働く仲間を募集する試験ですよ」
そもそも、合格だしたら新卒なら40年以上も雇用し続けなければいけないのです。

自分が一緒に働いている人、普段一緒にいる人で、「嫌だな」と思う人を思い浮かべてください。

 ・悪口やマイナス発言ばかり言う人
 ・揚げ足しかとれず、自分から新しいことを発信できない人
 ・会議などで発言せずに、ただいるだけの傍観者
 ・笑わない、雰囲気を察しない人
 ・仕事ができない人
 ・人の気持ちが理解できない、協力できない人

挙げればキリがありませんが、あなたはなっていませんか?

言い換えたら、魅力的な人間ですか?

ってことですよ。




3.タフですか?


教員は他の業種と比べて圧倒的に、病休率が高いそうです。
すごくわかります。

と文句を言っても仕方ありません。
そんな状況を教育委員会としても、頭が痛い。

だから、タフであるかは超重要!

柔道や剣道などの武道で段を持っていたら、「この人は病休にならないな」と思ってもらえますし、生徒指導もしっかりできると思ってもらえます。
資格は自分の能力を保証するものですから。

では、持っていない人はどうするか。
それは話してみたらわかりますよ。

面接で変なことを聞かれても、ちゃんと切り返せる。
慌てずに、笑顔で自分の意見をしっかりと言える。
自分の信念を持っていて、ブレない

そういう人間って強いんです。
きちんと生徒指導ができます。

教育委員会の関係者も、教員出身ですからわかるんですよ。
この人は現場に出たらこういうタイプだなって。

病休に入ってもらったら困りますから。




4.提案する力はあるか


これはぼくの独自の考えで、他の人から聞いたことはありません。
教員は明示的に意識していないのですが、職場で光る人の条件なんです。

新しい何かを提案する力

= 発言内容に聞くべき価値がある


ということです。もう少し言うと、

この人の話を聞いて得したと思える力

偏差値ではなくて、「頭がいい人」です。
頭のいい人は、時間の無駄が嫌いです。

それが面接官であっても、話をする時間をとってくれるわけですから、面接官が得したなと思えるような情報を話しの中に盛り込みます。
普段からそういう視点を持っているので、人よりも抜きん出て評価されます。

もっと噛み砕くと、教師は学級では生徒たちのリーダーです。
方向を決める役割です。

この時に何も決められないと学級は混乱。担任失格。
何かを提案できる力があれば、何かが起こっても「こうしよう」といえるわけです。

言い換えるなら、リーダーシップですね。



終わりに


今や、教員は人気のない職業です。
人員が常に足りません。

だから、今がチャンスなのです。
ちょっとでも自分の魅力をあげたら、すぐに飛び出ることができるからです。

教員採用試験を何回受けても受からない人はいます。 おそらく、やり方が違うからでしょう 今回は学生さんを対象に、一発で合格するため...