個別塾で目指しているもの | t-labo(中学校教師の支援サイト)

個別塾で目指しているもの

みなさん、こんにちは。tetraです。

個別塾がいよいよ本格稼働しました。
 → Synapse(シナプス) – tetraの教師力アップ塾



一般会員さんも入りましたので、いよいよサポートスタートです。

個別塾では何を目指しているのでしょうか。

例えば、

授業中の私語で困っている



とします。そうすると、そのために何をしますか?と質問をすると、

私語が起きたら注意をする


と参加者から返信があったとします。
この答えは、私の考えからすると、具体的な行動に結びつかないものです。

ですから、それをやってくれとは絶対に言いません。
具体的なレベル、私の感覚で「これなら実践レベル」「うまくいく見通しが持てる」「合理的」と思えるまで、具体的にしていきます。
また、その中で、「余計なもの」をどんどん削っていきます。

余計なものは、ただのノイズであり、生徒のストレスの元だからです。




私語で困っているなら、

私語の内容を調べたり、どういう時に私語が起きているか(そのときの教員の話や状況など)などを原因について調べて教えてもらいます。
状況がわかったら「こういう時には◯◯してみたらどうでしょう?」という形で具体化していきます。

何がNGで、何が生徒が欲しているのか、それを元に提案をさせていただきます。
その代わりですが、1日に1回など具体的な形になるまで日々やり取りをさせていただくことになるかもしれません。
これが個別塾としては目指す形です。

そうして、具体的な行動に落とし込んでみたら、何がどういいのか、どういけないのかが見えてくると思います。
その報告を受けてまたリアクションを返していきます。
教師力をアップさせることを前提に私も関わっていきます。

興味がある人は → Synapse(シナプス) – tetraの教師力アップ塾でお会いしましょう!

なお、12月末まで無料期間なのもありますから、参観会員の方でも一般会員と同じサポートを受けられる体験ができます!