あなたは校長のことを見て物事を考えてみよう | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたは校長のことを見て物事を考えてみよう

よく例に出てくるのが校長です。
校長はどの学校にもいるので、みなさんに想像しやすい人物であり、権力者であるがゆえに無視できない存在で、影響力を持っているからです。
あなたは校長が好きですか? それとも嫌いですか?



好きだと考えた人はどんなところが好きですか?
それを生徒にすればいいわけですね。

嫌いだと考え人はどんなところが嫌いですか?
それを生徒に絶対してはいけないわけです。


それだけなんです。人間関係ってのは。
生徒との人間関係がうまくいかないって嘆く方は多いですが、

あなたがされて嬉しかったことを生徒にする
あなたがされて嫌だったことは生徒にしない
そして、嫌な理由を考えてそのことを生徒にしないだけなんです。




この考え方を同僚に教員に当てはめてみましょう。

あなたが好きな教員はなぜ好きなんでしょう?
嫌いな教員はなぜなんでしょう?

その理由をきちんとリストアップして、まとめて、生徒にするべきこと、生徒にやってはいけないことを作ってしまえばいいわけですね。
人間関係なんて、生徒だから特別なことはなくて、同じ人間なんですから、同じように扱う必要があります。
生徒だからと下に見るという優越感は捨てましょう。

シンプルなんです。