良好な人間関係を生徒との間に築く上で注意すべき点を教えてください | t-labo(中学校教師の支援サイト)

良好な人間関係を生徒との間に築く上で注意すべき点を教えてください

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、以下の記事についての質問ですね。

生徒と人間関係を作りましょう、といつもいつも書いていますが、 そんなのやっているよ と反論されることもよくありますが、しかしなが...

「生徒と関わるとは何だ?」について質問させてください。
私はいわゆる「しんどい学校」で勤務しています。連休明けの日になると学級閉鎖になる勢いで大勢の生徒が休みまくるというクラスが続出します。ベテランの先生は「うちの生徒に頭ごなしで注意するのは危険だからやめなさい(教師がなぜかわからないが怒ってきたとしか認識できず、逆ギレする場合が多い)」と口を揃えて言われます。生徒指導案件についてストレートに注意したことはありますが、本当にろくな結果に結びつかないので、新学年団では日々の人間関係の作り方を良くするように以下のような意識してきました。

・なるべく生徒に笑顔で話しかける
→普段大人からあまりよい評価をしてもらうことの少ない生活ぐちゃぐちゃな生徒は自分を受け入れてくれたと思って寄ってくるようになりました

・提出物に前向きなコメントを朱書き(伝えたいことがあるとき)
→効果がどの程度あるのか判断し難いですが、生徒指導案件で反省をした加害生徒にメッセージを書いたら喜んでいました

・こまめに良さを褒める
→困っている友だちに協力するとかきれいに黒板を消してあるとか。褒めても反応が薄すぎて褒め方や褒めるポイントが悪いのだろうかと思い中です

・授業中はユーモアを交えて話しかけやすい雰囲気を作るとともに、生徒の発表を聞いて努力した点などにも触れることで意欲を増すようにする
→崩壊クラスはそもそも授業を聞いてないので効果が出ていませんが、生徒とコミュニケーションをとりながら授業を進めていくようにしてあるので休み時間でも話しかけてくる生徒が増えました

こんな感じで意識してきた結果、初めて受け持った学年団のときにくらべて随分良くなったと思っています。今では見ず知らずの他学年の生徒が若干名ですがファンのようになっていたりもします。
しかし、記事の中で書かれていたような「昨日何食べた?」「忘れた」みたいに、そもそもあんたと話すのめんどうだよみたいな雰囲気の子もおり、表面的な関わり方しかできていないのかなとも思います。

ただ「友だちみたいな先生」になっているだけではないのか、生徒の反応は良くなってきても指導が通りにくい現状があるのは関わり方がまずいのではないかということを悩んでいます。
良好な人間関係を生徒との間に築く上で注意すべき点を教えてください。


ということです。



生徒との人間関係、授業改善など、いろいろな部分で試行錯誤をしてきているのですね。
とてもいいですね。
この調子でやっていってください。

さて。

>記事の中で書かれていたような「昨日何食べた?」「忘れた」みたいに、そもそもあんたと話すのめんどうだよみたいな雰囲気の子もおり、表面的な関わり方しかできていないのかなとも思います。


とあるように、

「昨日何食べた?」などという話題は、当たり障りがないためどうでもいいから、「誰にでも」使っていける便利な言い方であるわけですよね。
誰にでも使えるようなものは、ある意味では、「どうでもいい話題」であり、嫌いな教員から「どうでもいい話題」をされたら生徒は嫌なだけです。
ですから、嫌がられて当然だし、「話しかけてくんなや」となります。

生徒と人間関係を作るために「声かけ」が大事であるとはいいますが、「どうでもいい声かけ」をされる方は嫌でしょうね・・・。
あなたも同僚から興味のない話を延々とされたら辟易するでしょう。
それと同じことが起きているのではないでしょうか。




生徒目線。
つまりは、相手が話したいと思うことを相手に話させる。
趣味が釣りの人には、釣りの話題を振ると嬉しそうに話します。

そうやって、きちんと相手の興味ある話題を振らないと、相手は食いついてきてくれません。
どうでもいい話題をされたら、相手は「ああ、こいつは自分には興味ないんだな」としか思いませんから。
相手の好きな話題を振るから「この人は自分に興味があるんだな」と思うでしょう。

この違いです。

話しかけるのは誰でもできますが、「一個人の生徒」に話しかけているかです。
「どうでもいい生徒」「その他大勢の生徒」として話しかけるのはNGです。

生徒が「自分に話しかけられている」と感じるような言葉、というのは、結局のところ、教員がその生徒のことに関心を持っておかないと出ない言葉であり、そこまで教員が心を砕いているからこそ、いいコミュニケーションやいい人間関係ができていきます。