教師は勝ち負けではない | t-labo(中学校教師の支援サイト)

教師は勝ち負けではない

タイトルのとおり、教師という仕事は誰かと勝ち負けを競ったり、誰かに勝つことを目標にしているわけではありません。
だから、給料は年功序列であり、職員室には個人の売上達成成績などが掲示されていません。


むしろ、勝ち負けにこだわる人がいると迷惑なんです。



勝ち負けにこだわってくると、他の教師のよさが認められなくなり、協力できなくなります。
「あいつばっかり」と嫉妬がわき、攻撃的になることも。

生徒指導の場面においても、へりくだることができず、「自分の意見が常に正しい」とばかりに意見を押し付けます。

すごく近視眼的な物の見方になってしまいます。
でも、本人は気づかないのが痛いところ。

仮に他の教師よりも学級経営が上手であって「勝った!」と思った先には何があるのでしょうか。
実は何もない。

満たされない心が水を求めて次なるターゲットを物色し始めるだけ。
そんなものです。


もしも、勝ち負けにこだわっていたら、早くその場所から抜け出しましょう。不毛です。



勝ち負けじゃないといったのは、目的が生徒を成長させることにあるからです。
ですので、教師はチームプレイが基本。

行事の企画、生徒指導、学級経営など、あらゆる分野で協力し、生徒にフィードバックしていきます。

協力が推進されくると、どんどん心理的負担も少なくなっていきます。
お互いを認め、ほめる関係になっていきます


早く心を解放して楽になりましょう!