tetra塾の参観会員の位置づけを変えていこうと思います | t-labo(中学校教師の支援サイト)

tetra塾の参観会員の位置づけを変えていこうと思います

tetra塾を開始して1ヶ月経過し、いろんなことが見えてきたし、はっきりしてきたなと思います。
今は一般会員と参観会員というコース設定をしています。

参観会員の位置づけを変えていきたいなと思っています。



tetra塾の大きな狙いは、「うまくいかない人がうまくいくようになる」ことであり、塾を通じて、どんどん力をつけていって欲しいと考えています。
私の中では、手取り足取りの継続的なサポートこそが教員として力を伸ばすのだ、という考えがあって、それが「一般会員」という位置づけです。
では、参観会員って何だろうといった時に、「一般会員になるのはちょっとハードルが高いな・・・」という人がいるだろうと思って設定したコースに過ぎませんでした。

この1ヶ月で参観会員も徐々に進化を続けてきました。そして、これからも進化を続けていきます。
これからの参観会員の方向性ですが、

毎週のテーマ設定と毎週のコラムを読み進めていくことで、担任力を向上するコース

と位置づけを明確にしていきます。
今まではコラムはちょっとした扱いだったのですが、コラムをもっと前面に出していき、コラムを読んで勉強していくことに注力しようと思います。




そのために、

担任業務を分割して毎週のテーマに設定して、網羅性を出します。
2週セットで1週目は「基本コラム」、2週目は「実践コラム」という位置づけにしていきます。
この2週間のテーマと質問が、みなさんが考えるべき、振り返るべき、見直すべきキーであり、テーマを意識して、コラムを読むことで、学校生活の見え方が変わってくるはずです。

意識を持ち、知識をつけていくと自然と変わっていけます。
このテーマ学習を続けていくと、担任業務の全体が見えていくし、全体に力をつけていけます。

つまりは、コラムに力を入れていくことになります。
コラムに対してはリクエストが可能です。
そうして、声を拾っていきながらカスタマイズしていこうかなと。

コラムの記事数自体も、週に5本くらいは出していき、毎日毎日、嫌でもその週のテーマに詳しくなるようにしたいなと思います。
で、よければ、質問からあと2本くらい記事を書きたいなと、これで週7本の記事になりますね。






このコラムは「一般」と「参観」のどちらのコースでも読めます。
「一般会員」はこの実践をやっていく中での困りポイントを具体的にやり取りしてサポートしていく形になります。
どちらのコースでも力をつけられます。

担任であっても、副担であっても、困っていなくても、学生さんであっても、力がつけられるのが「参観会員」ということです。

という形でやっていきたいなと思っています。
そうした移行がうまくできていない場合は教えてもらいたいなと思うとともに、コラムなんてリクエストしてもらう方がありがたいです。
「◯◯が△△したとき」などのように具体的な条件をつけてもらえる方が、具体的な方向性があってありがたいですね。

エントリーはこちらから → Synapse(シナプス) - tetraの教師力アップ塾