残業の日々で疲弊しています。どうしたら減らせますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

残業の日々で疲弊しています。どうしたら減らせますか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

こんにちは。私は採用四年目になる者です。
勤務校は手のかかる生徒が多く、直接的な生徒との関わりだけでなく、事務的な仕事もとにかく多い学校だそうです(転勤してみえた先生によるとですが)。
若手教員のほぼ全員と、50歳前後の一部の先生が毎晩夜10時くらいまで残業し、土日も部活漬け状態です。

私としては自分で仕事を増やしているわけでなく(教科・分掌の取り決められた仕事が多すぎ)、仕事の断捨離をしようと提案していますが、だいたいヒステリックな先輩教員に癇癪を起こされ、嫌な思いをするばかりです。
事務作業をすることが仕事のメインの職業ではないですが、それでもやらないと回らないので現状を変えられないでいます。
他校の同期の教員からは「しんどいなんて気持ちの持ち方が悪いんだよ」とか言われますが、こっちはあんたみたいに部活が終わってすぐに帰れるような環境にないんだよと言いたくなってしまいます。

全国の中学校現場では連日夜遅くまで残っている先生がたくさんいると思います。
やってもやっても仕事が終わらないからそうなっている方も多いのでしょうが、どうしたらこのような意に反する過重労働地獄から抜け出せるのでしょうか。


ということです。



仕事についての詳細をかいていただけていないので、何をどうという具体的な形では書けませんが。

一番大事なのはあなたのスタンスです。
残業を良しとしているのか、絶対にしたくないのか、という明確なスタンスが必要です。
今のあなたは周囲から見ると、「仕事人間」「仕事が好き」「残業大好き」「仕事あるならやりますよ」という感じで映っているでしょう。

適当な気持ちで「残業したくない」なんて考えいたら仕事は減りません。
仕事を減らすかどうかの大事なことは、あなた自身が不退転の覚悟で、仕事を減らすと周囲に宣言し、実行できるかの問題です。
その場合には、人間関係に悪影響を及ぼしてしまいます。

だから、、、人間関係も、残業を減らすのも両方取りたいとなってしまって、結果的に残業が減りません。
この明確なスタンスを持てない限り、現状は何も変わらないです。




仕事を減らす提案ですが、おそらく多くの教員が抵抗します。
それは変化が嫌いであるし、「決まりきった非効率なことが好き」だからです。
あなたが提案して、変化があり、いいかどうかわからないことなんて嫌なんです。

まずは、自分で決められる範囲(教科の学年内のことは権限があるはずです)がどこまでかをきちんと把握して、その範囲の仕事を効率的にすることです。
去年と同じこと、同じ書式のものは使い回すことが絶対に必要ですし、去年と何か変えないといけないという発想は捨てましょう。
去年使ったものは十分通用する素晴らしいものだと考えていいことがほとんどです。

となると、学校の仕事というのは去年のものをそのまま使用して、日程だけを変えるだけで基本的には済みます。


それと、自分の仕事ではない仕事は明確に断ること。
「人付き合いが・・・」なんて八方美人な考えを持っているから、仕事がどんどんやってくるわけです。
「あいつは仕事を断るやつだ」という周囲の評価を得ない限り、仕事はどんどんきます。

部活動については、土日両方やる必要もないし、複数の顧問がいるなら、日曜日は活動しないで、隔週で交代で部活に出ればいいでしょう。
平日のクラブも面倒を見なければいいでしょう。




何でも自分でやる、自分の好感度が大事とやっているから、いくら時間があっても足りません。
そもそも仕事を断るから好感度が下がると考えているなら、それは違うでしょう。
仕事は自分に与えられたものをきちんとこなすから信用されるのであって、他人のことまでいちいち首を突っ込んでまでやるのはそもそもやりすぎなくらいなのです。

このやり過ぎをやらないと、いい人間関係を築けないと思い込むのはおかしな話です。

あとは、年度始めの決め事でやりたくないことは明確にNO!を言っておかないといけません。
この約束は1年間拘束しますから、とっても年度始めは大事です。
教科のことでも、「あなたの持ちクラスだけでやってくれ」というようなやり方もできるわけですし。


ということで、スタンスを変えていき、周囲の評価を変えていかない限りには、「便利屋」「押し付けておけばいい」という形での扱いからは抜け出せないでしょう。
そして、この文章を読んで「そんなのできるわけないじゃん!馬鹿か!」と思ったら、一生できません。
早く帰る人を見てください。

仕事を引き受けない、他人から仕事の押しつけを拒否、部活動には明確な関わり方のルール、話しかけにくい雰囲気、自分の用事(気持ち)を優先してきちんと帰る、仕事をある程度の仕上がりで良しとしている

というものをやっていると思いますから。
それをしない限りには、早く帰れるなんて無理です。八方美人はやめましょう。