教員として知っておきたい「メラビアンの法則」を知っていますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

教員として知っておきたい「メラビアンの法則」を知っていますか?

メラビアンの法則は

この研究は好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱う実験である。
感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。
この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれている。メラビアンの法則 – Wikipedia


ということで、俗世間では「見た目が大事」と間違った解釈が流通するようになった大元の法則です。



これは矛盾したメッセージのときの受け止め方であるので

ただしこの実験は「好意・反感などの態度や感情のコミュニケーション」において「メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った」場合、「メッセージの受け手が声の調子や身体言語といったものを重視する」という事を言っているに過ぎない。
よって単に事実のみを伝えたり要望をしたりするコミュニケーションの場合には触れておらず、コミュニケーション全般においてこの法則が適用されると言うような解釈はメラビアン本人が提唱したものとは異なるものである。


と注釈付きです。

さて、教員としてメラビアンの法則をどう考えたらいいかということです。
以下は私の解釈となります。
私は専門家でもない、ただの素人ですから、当てにしないようにしましょう。


生徒たちがメールやLINEでトラブルになるのはなぜかというと、このメラビアンの法則が関係しているのかなと考えています。
「どちらとも取れるメッセージを送った場合」とあるわけで、日本人のコミュニケーションは、けっこう当たり障りのないものです。
となると、リアルな会話であれば、相手の表情は話し方で判断しているのに、たった7%しか影響のない文字情報でしか判断できないことになり、生徒同士が勝手な解釈をするようになります。

LINEの情報伝達手段は一見便利なようですが、相手からすると判断材料がないともいえます。
明確なメッセージであれば問題ないのですが、そうでないときにはとっても困る。
だから、情緒不安定な生徒たちがその時の気分で勝手な解釈をしていくことは簡単に想像できます。

ですから、トラブルが起こるわけですね。
こうした認識を生徒に教えるのはとても大事な要素です。






教員として知っておきたいのは、話の内容によっては、

話の内容などの言語情報が7%、
口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、
見た目などの視覚情報が55%


の重み付けで判断されるわけです。
となると、、、、

「俺は言いたいことはきちんと言った!」「生徒のために言っているんだ!!」と声高に主張する人がいます。
が、この人が本心では、「この生徒嫌い」「面倒」と感じていたらどうでしょうか。
とすると、生徒のため7%、生徒否定93%の情報を、生徒に与えているのです。

うまくいかない教員はたいていは、生徒のことを嫌い・苦手・恨んでいるので、話す内容によっては、それが如実に伝わっているのです。
思っていることは言葉に出なくても、態度や表情に出ます。
不安になると顔などを触るのもそうした思いが表に出ている証拠です。




つまり、、、、

あなたが生徒のことを嫌いである以上、何を言っても生徒指導はうまくいかないのです・・・。

話す内容によりけりではありますが、生徒はあなたの話す内容よりも、「あなたの話すときの様子・態度・表情」の方を8倍も重視しているのです。
何話せばいいなんて考えている場合ではなくて、まずは生徒のことを「許す」ことをしないといけないのです。
うまくいかない人は「なんであんな生徒のことを許さないといけないのか!!!」と抵抗するでしょうけども・・・。


そして、、、このメラビアンの法則に従うのであれば、あなたが苦手・嫌いと感じている同僚に対しても、結局は態度で完全否定しているのです・・・。

怖いですね。
メラビアンの法則を脱するためには、相手の判断が困るような言葉ではなくて、事実や要望伝えるようなコミュニケーションを目指せばいいのかもしれませんが。
ただ、その状況についてメラビアンの法則が完全に適応されないというだけであって、相手は言葉よりも相手の表情やしぐさをより大事にしているとは思います。

あなたはメラビアンの法則のことを知り、嫌いな生徒のことを心の底から「許し」て「愛する」ことができますか?