教員は過程を評価してもらえないのですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

教員は過程を評価してもらえないのですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

>生徒は「努力」が評価され、教員はプロとしての「結果」が評価される
この言葉とても心に残りました。問題生徒に対しても「努力」の過程をよくみて声をかけるようにしています。

ただ管理職・同僚が教員をみる場合「結果」だけをみて過程はまったくみず、評価していくのが一般的なのでしょうか?
生徒との関係を改善しようと試行錯誤していてもだめ出ししかされないと精神的にも参ってしまいますが・・・。


ということです。



「いやーー努力しているんですよ」といじめに対して積極的に指導しようとしない担任や学級崩壊をさせている担任がいたときに、どう思ういますか?
そもそも同僚が、どうして監督責任もない一同僚に対してわざわざ経過を知ろうとして、その過程を評価しようとするのか。

そういうあなたはやっていますか??
学年団の同僚のやっていること全てに対して過程を見ていますか?


見てないですよね。
あなたも結果しか見ていないはずです。
それなのに、自分はしないけと、周囲には自分の過程だけはきちんと見てくれないとおかしい!
というのは、虫の良すぎる話です。




ので、保護者でもないわけですから、過程を見てくれというのは、とても都合のいい話であって、しかも教員はお金をもらっているので、結果を見られるのは当然です。
仕事とはそういうものです。
この意識を持っていないと自己正当化の中に入り込んでしまいますよ

では、過程をみてもらいたければどうすればいいかといえば、自分から見せることです。
つまり、相談するわけです。

今こういう状況で、こうやっているんだけど、ここで困っている、と。

報告・連絡・相談が重要だと言われている一因ですね。
そうやって周囲を巻き込んで一緒にやっていくと、過程も相手が見えますし、関係者になるわけですから無責任に批判もできなくなります。

一番大事なのは、周囲とうまくやっていくことですから、どうすればいいかを考えてみましょう。
仲のいい相手を無碍に批判だけはしないでしょう。
そうした人間関係の部分が出来ていないのだと思います。