人間関係がこじれている時にできることなんですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

人間関係がこじれている時にできることなんですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

問題生徒と関わりますが、人間関係をつくる努力をしていなかった教員です。
うまく人間関係がつくれていません。

その際他の教員の手助けも得られるときはいいのですが、無理な時も多く、一人で対応しなければいけないことも多いです。
結果的にはどうしようもなくなり放置してしまうことになります。
人間関係がこじれている時にその生徒に対してやれることは何がありますか?


ということです。



答えはシンプルでそれでも人間関係を作り続けようと努力することです。
平たく言うなら、生徒と友だちになることです。
教員の上から目線は捨てないと、生徒との人間関係はできないと考えてください。

ですので、人間関係ができていないからといって何もしないのはありません。
教員は常に生徒との人間関係作り続ける、維持することを努力することが大事です。
それと、生徒との人間関係の作り方の正しい理解が必要です

野良猫は人を見ると振り返りじっと見てます。
ゆっくりと後をつけると、ネコは逃げていくけれども立ち止まって振り返ります。
そうして延々とついていくと、ネコはある瞬間に体を触らせてくれるらしいです



テレビで見ただけですが、延々とついていくという行動が生徒との人間関係を作る時に似ていると思います。
ネコはすぐに触らせてくれなくて、ネコのタイミングを待つために、時間をかけるわけですね。


あとは、なぜこじれるのかを真剣に考えないと。
たいていは、あなたの発した言葉が原因です。
生徒が悪いわけではありませんので。

勘違いしないように