プロ論。どうして厳しいことを書いているのか | t-labo(中学校教師の支援サイト)

プロ論。どうして厳しいことを書いているのか

ブログでは厳しいことを書いていると思います。
読む度に腹が立つ、ムカついている方もいると思います。

そういう方は見なかったらいいだけなので、読者として想定しません。
どうしてそうやって厳しいことを書いているかというと。



そもそも、ブログは利用者が選択できるメディアですから、見たくなければ見なければいいわけですからね。
これが毎日顔を合わせる同僚だったら、私もこんなに厳しいことは言いませんし、もっといったら成長できるアドバイスもしないでしょう。

成長 = 努力 = 自分のやり方を変える、新しいことを試す = 苦痛

というようなものですから、逃げられない人間関係においてはここまでしません
このくらいのことはわかっています。さすがに。

実生活のように耳障りの良いことばかり言っていても、本当に伝えたいことは伝えられませんから、ブログは選択型なので言いたいこと、伝えたいことを割にストレートに書いています。
質問に対して「やり方が違う」とストレートに書くのも失礼だなと思いますが、、、そうやってストレートに教えてもらう機会も少ないと思うので、いいかなと割り切っています。



さて、厳しいことを書く理由ですが、それは「プロ」だからです。

うまくいっている教員も、いつ「うまくいかない教員」になるかわからないのです。
転勤、新年度の教員メンバー、新しい生徒によっては、環境がガラリと変わってしまうこともあります。
分掌が多い学校に行ってしまい過労でダウン、心の病気ということもあります。

クレーマーの保護者に苦戦させられる、問題生徒の担任など、いろんなことが起きます。
それが「いつ」起こるかはわからないのです。

プロとして準備しておかないといけないし、プロとして力を日々つけていく自覚が必要なんです。
「うまくいかない人」を槍玉に挙げていると思われるかもしれませんが、いつあなたがそういう人になるかはわからないんですよ?
あなたが慢心したり、疲れ切ったり、同僚とうまくいかなかったり、なじめなかったりしたときに、どうでしょうか?





ここで書いていることは対岸の火事ではなくて、あなたがプロ教員として常に持っておかないといけないこと。
もっというと、

あなたが力をつけたときには、後輩を指導しないといけないのですから、その心構えですよ。


そうした視野をぜひ持ってほしいと思います。
若手だったり、うまくいかなかったりで苦戦しているかもしれませんが、それでも後輩はできていき、あなたも教える立場、支援する立場に回るのですから。

そうしたときに、ここで書いている内容が活きればいいなと思っています。
厳しいことを書いていますが、プロ論として捉えていただけたらと思います。
そのかわり、、、ここで書いていることを実生活の中で同僚に言うべきかは別問題だということも知っておいてください(私は口が裂けても言えないことが多いです。本当は言いたいけど)