tetra塾の個別サポートの受け方と流れ、気をつけてほしい点 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

tetra塾の個別サポートの受け方と流れ、気をつけてほしい点

tetra塾の個別サポートが受けられる一般会員について、情報不足でした。
すいません。
ご質問いただきました。

今回は、どうやって個別サポートを受けられるのかということについて説明させてください。



tetra塾では、毎週のテーマを設定しています。
今週であれば「1対多の人間関係」をテーマですね。
5本記事がアップされていきます。

参観会員・2期生は、この記事を読んで自分の実践を振り返って、何をするのかを自分で決めていきます。
メルマガのようなものですね。

一般会員の個別サポートは、今週のテーマを実践に移すためにどうしたらいいかをお手伝いするのが目的です。
例えば「掃除」がテーマの週であれば、記事を読んで実践しようとするときに、うまくいかない実態やどうやって次の行動に移したらいいかわからない部分を書き込んでいただきます。




そこに返信をします。
もしも、わかりにくい、ほかの疑問がある等の場合には継続的に書き込んでください。
また返信をしますので。

そうして、行動レベルに落とし込めるようにやりとりしていくのが、「サポート」となります。
今はハッシュタグ「#一般」とつけているので、これがついている記事は一般会員のみを対象としているので、ここに書き込んでいただくとありがたいです。
そうしたら新しく記事を立ち上げるなどして、返信用の場所を設けます。

一般会員で共有という形になりますので、他の方が「私はこんなことをやってます」ということを書き込んでいただいてもかまいません。
掲示板のようなものですから、自由に書き込んでもらってかまいません。
自分が所属している会員が見られるようになっているようです。




ということで、

一般会員の方は、自分でまずは問題点なり、引っかかっている点なりを書き込んでいただくことが出発点になります。
私からは参加者さんの状況は全く見えませんので。

書き込みで「だいたいうまくできています」というものがありました。
この場合は、何がうまくできていないのかがわからないため、具体的にアドバイスのしようがありません。

また、「だいたいできている状態」でいいと思うんです。
100点を目指すのはきついことであり、「だいたい問題ない」「合格点」「支障なくいっている」という感覚であればうまくいっているわけです。
そこに私が難癖をつけて「だいたいではだめ! 100%まで完璧を目指せ!」ということはおかしい話だと思います。




ので、

・◯◯がわからないので、△△(自分が置かれている状況)ではどうやったらいいですか?
・◯◯をしてみようと思うけど、まず最初に何をしたらいいですか?
・◯◯をもう少し詳しく教えて欲しい

という風に具体的なことを書き込んでください。
待ちの姿勢では、何も情報がなくてこちらとしてどうしようもありません。


やり取りに関しては、常にPCやスマホに張り付いているわけではないので、1日に何度もやりとりできるわけではなく、1日1回程度と考えてください。
ですので、情報を小出しにされる場合や何も具体的なことを書かない場合には、やり取りがなかなか前に進まないのかなと思います。
サポートというのはテーマに関するものであり、困ったことが起きたから対応してくれという便利屋ではありませんので。


あとは、週の終わりには「今週は◯◯について取り組んでみたら、△△だった。□□がまだわかっていない」などと、週の活動報告をいれてくれると、アドバイスができるのかなと思います。
そうしたやり取りを通じて、私も参加者さんの力量、性格、得意・不得意、やり方を理解していけるので、アドバイスもうまくいきやすくなると思います。



人にするアドバイスというのは、相手のことを知っているからより効果的にできるものです。
継続的にやっていくことの価値がここにあります。
ので、自分からどんどん情報を出していくスタンスではないと、こちらとしてもなんともしようがないですし、何も予測がつけられません。

また、どんな方が一般会員としてエントリーしているのかがつかめてくると、今の週5本以外の一般会員の方に向けてのワンポイント記事を投稿することも可能になると思います。

参観会員や2期生は待ちの姿勢で問題ありませんが、一般会員は踏み出す姿勢が求められています。
毎週テーマに沿って具体的な行動に移しながら力をつけていけたらと思います。
不明な点はブログでも、塾の方でいいので書き込んでもらえるとありがたいです。

ということで、よろしくお願いします!