嫌われた生徒の担任をしない、他学年に移動した方がいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

嫌われた生徒の担任をしない、他学年に移動した方がいいですか?

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は、

生徒に嫌われている場合」の対策については分かりました。
来年度の人事希望やクラスなど 嫌われている生徒をはなるべく受け持たないようにしていくことも大切なのでしょうか?
または違う学年に回ったり・・・。


ということです。



1.その生徒を担任しないほうが良いか?

生徒に嫌われる教員というのは、たいてい、多くの生徒から嫌われているものですから、どのクラスを持っても同じことを繰り返すだけというのが現実だと思います。
前年度担任をしていて嫌われメーターが上昇しきった生徒をあえて担任をするよりも、担任をしていなくて嫌われメーターがまだ上がっていない生徒を担任するほうが、なんとかできる時間が多いとは思います。

ので、嫌われている生徒を持たないほうが学級運営は安定化しやすいというのはあります。


2.他学年に回る選択肢

他学年に回るのは人間関係のリセットですね。
もちろん、生徒や保護者は「問題を起こしたから・力不足だから学年を上がらせてもらえなかった」と判断するでしょう。
年度始めから生徒は色眼鏡をかけてあなたのことをみることになります。

ただ、先輩・後輩のつながりがあるので、あなたの実情は噂としてある程度は回ることになります。

それと、ぶっちゃけの話をすると、学年を上がらせてもらえない教員が自分の学年団に加わるのは、嫌なものです。
問題の質にもよりますが、生徒に嫌われる力不足教員が入ってくるのか・・・とがっかりするわけですし、「性格が悪かったら面倒だし、言うことを聞かないのも困る」という形になりますね。

他学年に移るということは、そうしたもろもろも含んでいます。
自分が生徒との人間関係から逃げたいからと安易な発想をしていると、見えませんが



3.大事なことは

生徒とうまくいかない、嫌われてしまった、修復できないというものであれば、別のクラスを担任する、他学年に異動する、というのも手です。
ただ、それでは解決しないことを認識しましょう。
一番の問題は、あなた自身かきちんと成長していくことです。

それなしではなんにもなりません。
別のクラスを担任しても、違う学年団に行っても、同じように嫌われるだけですから。
学年を変わってまでも同じことを繰り返す場合、その学年の教員からの心証も悪いでしょう。

ですので、少なくとも同学年団の教員とうまくやること、きちんと学年団に貢献すること、これだけはきちんとやってください。
そうして、きちんと自分の足場を固めることをやっていき、協力・団結して生徒に関わっていくことです。
この部分を理解しておいてください

あなたが学年団といい関係を築いていけると、学年の教員も嬉しいことであり、歓迎してくれます。

ということで、他学年に異動やその生徒を持たないという選択肢もありだと思いますが、大事な部分を蔑ろにしないようにしてください。