人間ってのは、言い訳ばかりして自分に都合よく生きたがる生き物である。教員も同じ | t-labo(中学校教師の支援サイト)

人間ってのは、言い訳ばかりして自分に都合よく生きたがる生き物である。教員も同じ

人間関係の話題を連続でしましたが、あなたはどういう風な受け取りをしたでしょうか。
多くの人が

「認めない!」

でしょう。この言い方に語弊があるかもしれませんが、


言い訳を言って何もしない


これが正確な表現かもしれません。



どういうことかと言えば、前回述べた「人間関係は誠実な関心持てばいいだけ」ということを、ただ実行すれば生徒との人間関係なんて良くなるに決まっているんですよ。

・・・

そう、

あなたは悩む必要なんてなくて、実際にやってみれば問題なんて解決するんですから。

でも、

あなたはやらないでしょ?


だから、よくならないわけであり、結局のところはそうやって「自分に都合の良い言い訳をする」からだめなんです
これはあなたが悪いわけではなくて、人間の基本的な性質だと捉えるほうがいいです。

人は変化したくないし、変化は恐怖なんです。
私がここで言うことも「変化」を引き起こすものであり、私とあなたには人間関係がないから、「無視すればいいや」ってことで解決されるわけです。
変化を恐怖だから、基本無視できるものは無視してしまう。





言い換えるなら、

うまくいかない人は、うまいくいかない状態から「変化したくない」から、何も変えない

・うまくいくようになりたいのは、周囲からダメ出しされないようにバリアを張っているだけ
・本当は今の自分を変えたくない
・新しいやり方を試して、今より悪くなるかもしれないなら、うまくいかない今のほうが幸せ

という構図になっています。
こうした人間の本質の部分を理解しない限り、あなたは次の一歩を踏み出すことはできないでしょう。