4月のあなたは、自分の仕事と生徒との関係のどちらを選ぶか。その重要性とは | t-labo(中学校教師の支援サイト)

4月のあなたは、自分の仕事と生徒との関係のどちらを選ぶか。その重要性とは

4月が忙しいと言うことはよくわかっています
ドタバタドタバタと慌ただしく、日々残業の毎日だと思います
新しい生徒との人間関係も築いていかないといけないし、家庭訪問がある学校が多いと思いますし、なかなか心休まらない日々の連続ですね



こうした中で覚えていて欲しいのが、

学級では目で見えない問題が起きている

と言うことです
何が言いたいかと言うと、あなたはどちらを選ぶかと言うことです


学級を良くするために初期問題を発見して対応する → 外への仕事
自分の仕事が忙しいと言って自分の仕事に没頭する → 内への仕事


先程述べたように、私はあなたが忙しいと言うことをよく理解しています
だから、あなたが内への仕事をやること自体は理解できるわけです




ただ、そこで覚えていて欲しいのは、外へ働きかける仕事をしないと学級はどんどんだめになっていきます
うまくいかない教員のパターンは、「4月は忙しいから」と言い訳をして自分のことしかしません
5月になってくると、学級で大きな問題が起こるようになってきてあたふたしていきます


どうしてこんな事態になったのかわかりますか?

4月で生徒が大人しいとしても、教員が見ていないところで小さな問題は起きています
環境が変わったからこそ、その中で上下関係を決めたり、新しいターゲットを見つけたりするのです
4月はあなたが忙しく、担任は生徒のことを無視しているので、生徒たちは好き放題していきます

そうしてどんどん学級が壊れていくにもかかわらず、あなたは「自分は忙しい」と言ってからに閉じこもっています
5月に問題が起こるようになると、生徒指導に追われます

その時に起こるのは、4月中、あなたは生徒のことを無視していましたので、生徒はそう簡単に言うこと聞いてくれないと言うことです
そうすると、生徒指導の問題をうまく解決できず、生徒との関係は悪化し、被害者生徒が救われない状況が学級で生まれてしまい、誰も担任のことを信用しなくなります







極端なこと言うと、4月の最初の段階であなたが殻に閉じこもってしまったがために、こういう事態になりました
4月の最初は生徒が大人しいと言うのは、周囲の様子を見て、どういうふうに自分が立ち振る舞ったらいいかを考えている時期です

落ち着いているとはちょっと違いますね
攻撃的な生徒はターゲットを見つけているわけですし、お互いの人間関係が希薄なので問題行動も放置しがちになります

こうして5月に壊れていく一端をあなたは見ることになるかもしれません
4月は忙しいかもしれませんが、あなたはどうしますか?

この初期対応に関してはtetra塾の方ってに2週間に渡って取り上げて行こうと思いますので、塾生の方は一緒に学級を壊さないために考えて行動していきましょう