若い教員があだ名で生徒から呼ばれるのはありか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

若い教員があだ名で生徒から呼ばれるのはありか?

若手の教員は生徒に人気があり、それは行き過ぎると「からかい」になっていきます
そんな中で気になるのは、生徒たちが若い教員に対してつけるあだ名です

そのあだ名は、その人の印象や似ている芸能人、話した話題などによってつけられることが多いと思います
あなたはあだ名をつけられていますか?



若手の教員の思いとしては、あだ名をつけられたのはうれしくもあるが、ベテラン教員からどんなふうに思われるかわからないので困る、という板挟み状態ではないでしょうか?

私の見解で言えば、あだ名は生徒と教員との親近感も高める方法であり、一定の効果はあると思います
しかし、放置しているとそれが悪化して、教員が教員としての扱いを受けなくなってしまいます

「先生」と呼ばれるのは意味があり、それは生徒たちが使うことによって、いつの間にか「先生」という地位を固め、生徒とは別の立場であり、敬うべき存在だということを生徒に自己学習させる効果があると思います
先生と呼ばせるのは意味のあることなのです


それをあだ名にされてしまうと、あなたから「先生」という権威が取られてしまうとになります
それをあだ名をつけてもらった、人気者だと勘違いするととんでもないことになります

不良の生徒は、絶対といっていいほど教員に対して「先生」と呼ぶことはありませんよね
呼び捨てにされるなり、あいつなどと嫌な感じで呼ばれるなどしているでしょう
「先生」というのは敬称であり、先生だと心のどこかで思えなければつけるのは嫌なのです




だから、不良生徒は先生という言葉を使わないし、もしもそうした生徒から先生と呼ばれたのならば、それはとても人間関係ができている証拠です
不良生徒のことでいえば、名前で呼ばれるだけでも十分に人間関係ができていると思ってもいいかもしれませんね


そんなこんなで、若手の教員が先生ではなく、あだ名で呼ばれる存在になると自分自身のことをどんどん貶めていることと同義であると私は考え、危機感を持っています

生徒から人気があるのと、生徒からなめられているのは違うのです
この違いを意識しましょう