学級を育てるために前へ前へではなくて、立ちどまって話をすることも大事 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

学級を育てるために前へ前へではなくて、立ちどまって話をすることも大事

生徒たちにはいろんな話をして、こういうふうにして欲しいと言うことを伝え、学級は動いていきます
4月当初はそれでもきちんとやってくれていたものが、ある時からダレてきてしまい収拾がつかなくなることがあります

そんな時にはどうしたらいいでしょうか?



やるべきことをきちんとやっていない時には、担任や授業担として腹が立って怒って説教したり、さぼっている生徒を叱り上げるなど、攻撃的に生徒指導をするものです
教員としては日々やる事がありますし、それに追われているので、前に前に進まないといけない意識で、できない生徒たちをどうしたらいいのか悩むことも多いと思います


そんな時は、立ち止まりましょう

担任であっても、授業を進めないといけない授業担であっても、立ち止まりましょう


立ちどまると授業が進まないなどの面倒がかかるかもしれませんが、それでも立ち止まり、生徒たちに「今やっていることは本当にいいのか?」と振り返らせないといけないのです
やるべきことは多いですが、その中でやれてないことが増えたら、立ちどまって振り返らせるのです




掃除がいい加減であれば、帰りのSHRは時間が短いかもしれませんが、生徒に話をするのです
授業の受け方が悪いのであれば、どんな部分で問題が起きていて、どんな風にしていかないといけないのか、生徒に話をするのです


4月当初にできたことができなくなっていくのは当たり前かもしれませんが、そうした状態になった時には、「クラスを壊す問題生徒」が原因ではなくて「それに流されるその他多くの生徒」の方が大きな原因になっています。

問題生徒にフォーカスをしてガンガン生徒指導をしたとしても、その生徒たちに影響される一般の生徒たちが、きちんとしないと学級はだめなのです
だから、問題生徒がある程度の問題起こすのは仕方ないとして、一般の生徒たちに「今のままでいいのか?」と考えさせて、問題生徒から影響を受けないようにしないといけません


「少数の問題生徒」と「大多数の一般生徒」のどちらが学級に強く影響力を持っているでしょうか
それを考えてみてください
明らかに大多数の一般生徒が影響力を持っています







学級が崩壊していく時には、大多数の一般生徒がいい加減な行動をしているし、問題生徒たちの問題行動を隠れ蓑にして自分たちも悪さをしているのです
うまくいっている学級というのは、一般の生徒たちが問題生徒に流されずにきちんとやり、少数派の問題生徒たちが一般生徒を見て、自分たちもある程度きちんとやるので、学級としてうまく回るようになっているのです


もしもあなたが、「今までできたことができない!」と生徒に怒っている現状があるとしたら、問題生徒ではなくて、一般の生徒に振り返りをさせるべきでしょう
怒ると言うよりも、生徒たちを冷静にさせ振り返りをさせるのです

こうした立ち止まりができると、学級が下り坂になった時に踏ん張りがききますし、そこから成長していけるようになります