成長コースで、あなたはどういうふうに変わっていけるだろうか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

成長コースで、あなたはどういうふうに変わっていけるだろうか?

tetra塾に成長コースを設定しました
7月3日からスタートします

この成長コースに参加することで、一体あなたはどういう成長ができるのでしょうか?
今回はそのことについて書いてみたいと思います



成長コースで焦点に当てるのは


教員としての在り方・考え方


です。
これは教員としての基本であり、この考え方が間違っていたら、すべての対応が間違ってしまう恐れがあります

うまくいかない教員というのは、うまくいかないやり方をやっているのです
どうして、うまくいかないやり方をやるかというと、考え方の根本が間違えているからです
だから、どうやってもうまく行かないのです


成長コースで勉強すると、

この間違った考え方を修正することができます
これがこのコースの魅力であり、設定した理由です






あなたがもしうまくいかないのであれば、それは考え方が間違っています
その考え方を修正するチャンスが、成長コースにはあります

成長コースでどんなトピックを扱っていくかというと、最初に取り扱うテーマに関しては次のようなものを考えています

・通用しないあなたが引き起こしている問題に気づきましょう
・結局、なぜ授業は成立しないのか?
・人間関係の悪さに気づくこと


このことについて、何がどう間違っていて、どのようにしていけばいいのかをまとめていきます
おそらく、あなたが勘違いしていることや、間違っていることに関しても出会うことがあるでしょう

このコースでは、あなたの価値観との葛藤が生まれます
私が提案する価値観と、あなたの考えてる価値観が違うからです
それを乗り越えるのが、あなたの仕事となります

乗り越えることによって、あなたは一人前の教員になる道を歩んで行けるようになります






その一つで、よく私が例に上げているのが「生徒のせいではなく、教員のせい」というものがあります

これは強烈な価値観の転換であり、うまくいかない教員は恨み節を抱いており、どうやってもこういうふうには考えられないでしょう
しかし、この価値観の転換ができると、あなたは1人前の教員への道を少しずつ歩みを進めることが可能になっていきます


成長コースでは、こうした価値観の葛藤が根底にあります
それをあなたがきちんと受け止めることができれば、あなたは着実に力をつけていけるでしょう
そして、忘れて欲しくないのは、


こうした価値観の部分に関しては、内面に関わってくるので誰も教えてくれない


ということなんです
だから、あなたは周囲から何も言われないからといって、完璧だと思っているでしょう
しかしそれは間違いであり、周囲は内面に関わる問題だから、言うとまずいと考えているからこそ、あなたのことをスルーしているだけなのです

周囲の教員からすればあなたの問題点は丸見えであるにもかかわらず、そのことについて指摘できないのです

だから、あなたはどんどんこじらせて行っているのです





このコースでは価値観の葛藤というものが起こります
それを乗り越えていって欲しいです
そのために設定しました

教員としての考え方の根本を変えていかなければ、あなたの教員生活は良くなっていかないでしょう
私がこういうコースを設定するのは、そうした危機感があるからです

本気で自分が変わりたいという人のみを募集しています
言い訳をして成長しなくていい人は来なくていいです

「成長したいんだ!本気でうまく行くようになりたいんだ!」


という気持ちを持っておられる方を支援していきたいと思います
7月3日からスタートしますが、過去記事は見られませんので、本当に自分を変えたいという人は、スタートに間に合うように入塾してください
そのために、二週間くらい期間を設けていて、7月2日まで無料期間となっています