今週は「塩プリンを作らない!指導の体質改善を考える」です | t-labo(中学校教師の支援サイト)

今週は「塩プリンを作らない!指導の体質改善を考える」です

今週のtetra塾は「塩プリンを作らない!指導の体質改善を考える」です

塩プリンと称して、指導の体質改善を考える一週間にしたいと思います
塩プリンというのは、本来甘いはずのプリンを、砂糖ではなく塩で作ってしまうことをいいます
砂糖ではなく、塩で作ったプリンはまずいですよね



単純に言ってしまうと

うまくいかない人 = 延々と塩プリンを作っている人


です。
塩プリンのレシピを捨てない限りうまくいかないのです。。。
塩プリンを作りながら、塩プリンに固執しながら「どうやったらうまくいきますか?」と言われても、どうにもなりません。

どうしてこの時期に担任コースで取り上げるかというと、今までやってきたことがきちんと機能できているか、機能できていないのは塩プリンにあるのではないか、という振り返りにしてほしいからです。
今週は心構えや考え方に焦点を当てていますので、担任としてのノルマではなくて、教員としてのノルマとして考えてみてください。





成長コースではこういう話題を取り上げていきます。
7月3日にオープンするので、CM的な意味合いも込めてますが、

担任コース → 担任として何をやるのか、何に焦点を当てるのか

という「何」を大事にしており、

成長コース → どういう考え方、基本方針でやるのか

という「考え方」を大事にしているわけです。
担任としてやるべき「何」にフォーカスしたいのか、教員としての「考え方」にフォーカスしたいのかがで、コース選びは変わってきます。
力をつけたいという方は、2つとも受講することをおすすめします

6月の限定連載の「生徒の嫌がらせに負けない」は、あと少しで読めなくなりますので、お気をつけを!