教員という仕事はそもそもぬるくない。この勘違いが痛い | t-labo(中学校教師の支援サイト)

教員という仕事はそもそもぬるくない。この勘違いが痛い

うまくいかない教員というのはたくさんいます
そもそも論で言ってしまえば、教員という仕事はそんなに人気のある仕事ではないし、世間的にはブラックであると認定されています

そんな仕事をしようとするのは、ある意味では変わった人であり、競争社会で生きていけないという人なのかもしれません



失礼なこと平気で書いていますが、人気がないからこそ、人材が集まらないのです
人材が集まらないのに対して、要求されているレベルは高いので、教員という仕事は辛いのです

教育委員会が考えていることは何かと言えば、授業に空きが出てはいけないので、欠員を埋めることだけです
退職者が出たら誰でもいいからとにかく採用しなければいけません
病休などが出るととにかく、誰かが授業をするようにしなければいけません


この前提が根底にあるので、本来は教員になってはいけない人も教員になってしまっています
ここの理解をしていない人が多いから、採用されたからといって、自分が通用する人間であると、盛大な勘違いをしてしまいます
多くの場合は、仕方なく採用していると思ったほうが健全です





と言うのは、自分の価値というのは自分で作り出すものであり、それは教員として学級経営などを一人前にするという意味です
採用されたからすごいのではなくて、仕方なく採用したわけで、消去法的に、あなたしかいなかったわけですから
そのことを理解して、きちんと一人前になるように努力するべきです


教員は採用は緩いけれども、要求されているレベルはとても高いのです
だから、このギャップを埋めるようにかなり努力をしないと、通用するようにはなりません
まずはこれがスタート地点です


そして、次に気をつけないといけないのは、生徒には努力したらいいとぬるいことを言ってしまいますよね
その言葉は実は自分に発しているようなもので、いつの間にか自分が結果ではなくて、何かしようとしたことを評価して、自己正当化に走ってしまうようになります

学級で起こる問題や嫌がらせに対して、自分は解決するために努力したから、もうそれでOKでしょうと平気で考えるようになります
生徒はやっていることがぬるすぎるので、自分もぬるくていいと勘違いしてしまうのです

だから、うまくいかない人ほど考え方がぬるくなっていき、当然のように通用しなくなります





嫌みのような内容を書きましたが、実態としてはこんなものだと思います
教員として採用されたらもうクビにならないと安心するのではなく、一人前に学級経営できるようになってから安心しないと、明らかにおかしなことになっていきます
余計な事書いたかもしれませんが、考え方からぬるい事を捨てていきましょう

そうしないとあなたの未来へと繋がっては行きません