私は過激なことを平気で書くけど、教育現場って過激な現場なんです | t-labo(中学校教師の支援サイト)

私は過激なことを平気で書くけど、教育現場って過激な現場なんです

私はよくこのブログでひどいことを平気で書いています
ブログを読みながら嫌気がさした人は、1人や2人ではないでしょう
多くの人が「こいつ頭おかしい」と感じながら、読んでいることでしょう

読者からもらった質問でさえも、手厳しく、だめ出しをしながら返事を書く、そんなこと平気でするので、私はよっぽど人間性がだめな人だと思われてもいるでしょう



どうして厳しいことを書くのかと言えば、実際の教育現場は過激に厳しいからです

たったそれだけです

そして、


そのことを直接あなたに言ってしまうと、人間関係が悪くなるなど、大きな問題が発生するから、誰も教えてくれないだけです


それは真実です
管理職を見ていると、「よく我慢できるなぁ」ということは本当に多くありますよね
言いたいことが言えない、それがリアルな世界であり、空気を読む教育の現場でしょうね

そういう日常を送っているからこそ、多くの人にとっては真実が見えないし、何が必要で、どうしなければいけないかも見えていないと思います





職員室の会話を聞いているだけで、「え・・・その対応はまずくないか?」ということは日常茶飯事です
驚くぐらい間違った対応が横行しています
それでも言えないのが教育現場というものなのです


日々日々恐ろしいぐらいに間違ったことが横行しています
私は常日頃から呆れる事ばかりでした


それは空気を読むということもありますし、言っても現実が変わらないということも多くあります
うまくいかない教員に何かアドバイスしても、それは無視されておしまいだからです
むしろ、パワハラのように取られてしまうと、損なだけですから、本人には言わずに、自分で直接生徒を指導するなり方が早いのです


だから、あなたが何となくやっていることは、本当はまずいことのオンパレードかもしれないし、誰かが裏でうまくいくように何かをしていくれているかもしれません


このブログで厳しいことを書くのは、そうした誰も教えてくれないだろうということを、私目線から書いてみようと思っているからです
だから厳しくなっていると思います






リアルな世界ではなかなか教えてくれないことを、ここでは書くことができるので、そうした意味では発見があるのではないかと思います


「リアルであまり何も言われないこと」と「ブログで厳しく書かれていること」のどちらがあなたにとっての真実でしょうか?

それを考えてみてください

大事なのはあなたがどういう生き方をしたいか、どう成長していきたいかということだと思います
あなたの好き嫌いで物事を決めるのではなく、目的を考えて判断していきましょう
物事にはすべてあなたの思う通りではなくて、都合の悪い真実というものがたくさん存在します

このブログで展開していることが、そんな都合の悪い真実になればいいなと思って私はやっています
信じたくない人は信じなくていいし、そんな人はこのブログを見る意味なんてないでしょう