塾生が閲覧可能なもの、個別サポートとはなんですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

塾生が閲覧可能なもの、個別サポートとはなんですか?

みなさん、こんにちは。

今回は、

すみません。塾生のものです。
4月から担任コースには塾生として閲覧でき、質問も少しずつさせていただいていました。

塾生は担任コースも閲覧が可能なのでしょうか?
また、個別のサポートとはどのような内容が個別になるのでしょうか?

今までテーマに沿った内容で質問させていただいたつもりでしたが、正直どれも自分の最近の事例ではあるので塾生としてはどこまでサポートしていただけるのかが、よくわからないです。
私が記事を読み間違えているのかもしれませんが、質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。


ということです。



>塾生は担任コースも閲覧が可能なのでしょうか?

7月2日までは運用されているのが、担任コースしかありませんので、今は募集していないコースであってもすべて同一の内容です。
質問は、担任コースではなくて、「成長コース」のことでしょうか?

担任コースは担任コースの記事だけ、成長コースは成長コースの記事だけ読むことができます
なので、担任コースの方は新しく始まった成長コースの記事を読むことはできません。
成長コースの人は、同じように担任コースの記事を読むことはできません

両方の記事を読みたい場合は、「担任+成長コース」に参加してください。
閲覧権限が違うのです。
成長コースが運用始まる前は、一本の路線しかありませんでしたので、7月3日からは2本に枝分かれすると思ってください。




>個別のサポートとはどのような内容が個別になるのでしょうか?

個別サポートは「継続的なサポート」を意味しています。
毎週のテーマに関して、「Aのことが今うまくいっていません」という形で質問があったときに、

個別サポートなし → 簡単に答える、その後の追加質問には「同僚に相談してみてね」というな形で継続的な質問は受けていない。複雑な質問への対応はできない。
個別サポートあり → スモールステップをこちらで考え、詳細に答える。追加の質問にも詳細に答え、そのことが解決、前進するのを継続的にサポートする。複雑な質問にも対応する。

というような違いがあります。





今募集している担任コース、成長コースは、個別サポートがありませんが、質問は可能ですし、簡単に答える形になっています。
それで解決するという人もいると思いますから、その人の実力・理解度、困っている問題の難易度によっては、個別サポートなしでも十分だと思います。

担任コースや成長コースは、そもそものコンセプトが「個別対応に時間を取らない(取らないからそういう料金)」なので、簡単に質問ができる程度に捉えてもらえたらと思います。
なんでもかんでもやっていては、私の時間がなくなってしまいますので、質問への対処に関しては線引きをしているコースです。