声の大きな不条理な脅威に対してどうしたらいいですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

声の大きな不条理な脅威に対してどうしたらいいですか?

みなさん、こんにちは。

今回は、

こんにちは。いつも記事の更新をありがとうございます。
何年か教員として働いてみて、学校というところは声の大きな先生の意見がまかり通る場であり、それが周囲を振り回すことが往々にしてあるのがよくわかりました。

クラッシャー上司風の先生(その人自身は仕事で貢献はしているが、過度の要求を周りにし、まわりに当たり散らす)が幅を利かせ、「俺が正義だ!俺みたいに仕事をしないまわりの教師共は質が悪い!」みたいな態度をよくとります。
彼らは自分のやりたい仕事だけやってさっさと帰り、事実上、時間も手間のかかる校務は「質の悪い教師」らに押し付けられています。
それにも関わらず、自分の興味のある分野の仕事にもっと力を入れるように、まわりに圧力をかけます。

ひどいときは、生徒に「○○先生は何を言っているか意味がわからない。あんなおかしな先生の話は聞く必要がない」などと吹き込んだり、よその部活を駄目な部だと吹き込んだりします。
おそらくtetra先生はこういう案件は記録をとり、パワハラ案件として処理をすることを勧めるのかと思います。

校内で発言権を握り、大概の場合、同僚を精神的に追い込む(その人の落ち度を見つけて追求し、逆らえない雰囲気を作った上で暴力的な手段に出て自分の意見を押し通す、問題児の大人版)こわい先生であるのでみななかなか踏み切れませんが、パワハラだと騒いで黙らせるようにでもしないといけないのかなという気がします。

一方で、そういう人が勝手に自分がこだわっている仕事をまわりに押し付けるのにはどう対処したらよいでしょうか。
たとえば「学力をもっとつけさせるべきだ」という、誰も反論できないような正論をもとに、毎日自作のプリント作成し、宿題としてやらせ、提出点検もし、提出しない生徒には居残りでやらせろとか平気で言う人もいます。
学力をつけるのは大事でも、そんなことをする余裕などあるはずがないのでそれは無理だと反論すると、すぐに悪者扱いをして誹謗中傷を始め、無理やり押し付けてきます。

過去の教材データなんて残してもらっていなくて、毎日B4プリント両面刷りの宿題を作らされたことがあります。
あとは、当時部活を平日は4時間くらいつきっきりでやれという無理難題を言う先生もいたので、流石に体を壊しました。

あなたは講師じゃなくて教諭なんだから、あなたがやって当然と言われ、やたらと私に仕事が降りかかってきて、毎晩11時くらいまで働いても終わらず…。
ついでにこんな作業ばかりに追われていたので、「生徒と関わることから逃げている」という心無い言葉を浴びせられたこともありました。
もうこんな思いはしたくありません。


ということです。



とても大変な思いをされてきたのですね
それもこれも新採で何が常識で、何をどこまでやればいいかわからないから、防衛できずに、言われるがままやってしまったのだと思います
こういうようなことを大小様々起こりうる話ですよね

結局のところは「自分が何を優先するか」になります

私がこういう話を聞くと、質問者さんが予想されるように、パワハラとして戦うべきだと言います
こういう話をしても、パワハラとして戦いたくないという人の方が多いのが実際で、我慢するという人の方が多いですね
こうした行動を天秤にかけた時に、その人は

我慢する > パワハラで戦う


となっていて、我慢するほうがその人の利益だと考えているのです




生徒のいじめもそうですが、被害者生徒がいじめだと告発すれば教員たちが動き、現実が変わっていくものですが、それでも言わない生徒がいるのはなぜかというと


我慢する > いじめと告発する


という関係になっているからです
この我慢するというのは、結局のところは、被害者制度からするとを、担任が頼りならないなど、告発した時にうまく処理をしてくれずに、もっとひどい報復を受けてしまうというリスクを考えて、我慢する方がリターンが大きいと考えているのでしょう

今回の件もそうだと思いますが、パワハラとして、レコーダーやメモなどで証拠集めをする労力や告発する勇気や、その後の報復の可能性、周囲の同僚との関係が変わる可能性といった部分を考えるから、我慢する方が得だと考えるのでしょう

要は、何を優先するかなのです





そうやって周囲の軋轢を生むのが嫌だから、不当な要求に対して我慢して、自分を犠牲にして仕事をするのです


>生徒の学力を上げるのが仕事

と言われるかもしれませんが、はっきり言えば、そんなこと知ったこっちゃないです
生徒が学力を上げたいのであれば、自分で努力すればいいだけの話であり、自分の人生なんだから、生徒が自身で努力するのが当たり前です
生徒の学力をあげることだけが仕事ではないので、他の仕事もあるわけですから

だから、教員が過剰なものを与える必要なんてないのです
これが私立の中学校などであれば、別の話なりますが





公立の中学校という前提で考えると、別に宿題を出さなくても問題ないでしょう
きちんと授業をして、年間使う問題集を一冊購入させておけば、十分確保したといえるでしょう
そんなもんですよ

私なら、宿題なんて一切自分で作らないでしょう
その教員には、「問題集を購入しているから、それを自分でやればいい」と言うでしょうし、「そこまで言われる筋合いはない」と言います
「それは管理職からの命令ですか?」とも聞きます。


こうした発言は、当然ながら軋轢を生みます
軋轢を生みますが、生徒の嫌がらせという同じで、どこかの段階でノーと言わなかったら、それは延々と続きます
だから私はきちんと言いますし、公務員というのはこの辺の権利は割に尊重されますし、パワハラとして戦えば、間違いなく勝てると思います

それをやるかどうかです






こういうことを書くと、「あなただから言えるのだ」と反論されますが、逆に私は言いたいのですが、「あなたはその嫌がらせ(パワハラ)をやめさせようとしないのですか?」と言いたいです。

こうした不条理なことは当然ながら起きてきますので、自分で反論が難しい時には、学年主任や管理職に相談するといいでしょう
ただ、気をつけたいのは、そうした暴走した教員を止められない管理職もいますので、そうした時には、やはり自分の身を守るために戦わないといけないでしょう

あなたは何も悪いことをしていないかもしれませんが、あなたに火の粉が降りかかっているわけです
どうにかしないといけないのです

我慢したいのであれば、我慢すればいいです
嫌なら戦うしかないです

繰り返しになりますが、公務員というのは、こうした権利的には結構守られている部分がありますので、きちんと証拠さえ取れば、教育委員会は必ず何らかの措置をしてくれるでしょう
教育委員会に話が伝わると、その教員かあなたのどちらかを転勤させてくれる可能性も十分あります

それと、絶対にしないといけないのかという部分に関しては、権限を持っているのは管理職になりますので、管理職に「これは絶対命令か?」と聞けばいいでしょう







どの職場に行っても、やはり不条理だ要求を周囲にしてくるような教員はいます
教員の世界は変な歪みがありますので、そうした教員を管理職は手を焼いて、何もできないことも多々あります
ですから、自分で何を優先するかを判断しないといけないのです

質問者さんは、奴隷になることで身を守っていたわけで、私なら戦います
戦って、さっさと転勤するか、その教員が転勤するか、何かになったのではないかと思います
いつもと変わらない結論になって申しわけないですが。


それと、そういう教員に関わるとろくなことはないので、適当に話を合わせておいて、スルーしてしまうのも一つのやり方です
宿題など出さずにさっさと帰る、クラブの面倒なんか見ずにさっさと帰る
というやり方ですが、結局のところはある程度実力がないと、そうした教員がいきがっていくのをスルーするのは難しいかもしれません